1. トップページ
  2. >
  3. Web副市長室

Web副市長室

 平成25年度よりWeb副市長室をスタートしました。

 Web副市長室では陸前高田市の復興の状況などを、久保田副市長独自の目線で随時お伝えしていきます。


1976年静岡県掛川市生まれ。京都大学総合人間学部卒業後、2001年内閣府入り。 ニート対策を内容とする「子ども・若者育成支援推進法」の制定などに携わる。2005~07年にかけて、英国大学院留学。英国ケンブリッジ大学経営学修士(MBA)、ヨーク大学政治学修士(MA)。プライベートでも、異業種交流会の立ち上げ・運営や、霞が関の構造改革にボランティアで取り組む。 2011年8月1日より、陸前高田市副市長。
Facebook: http://www.facebook.com/kubota3
ツイッター: http://twitter.com/takashi_kubota

退任にあたってのご挨拶

 皆さまこんにちは。
 2011年8月に着任以来2015年7月までの4年間、陸前高田市にお世話になりましたが、このたび、7月末をもって、副市長を退任することとなりました。これまで関係各位に大変お世話になりましたこと、改めて御礼申し上げます。

 この4年間を振り返りますと、着任した2011年8月は、被災された方々が中学校などの避難所から仮設住宅へ移転中で、市街地はがれきの山の状態でした。初めて被災した陸前高田市の街を見たとき、本当にどこから手をつけたらよいのかわからないと思いました。その後2011年末には陸前高田市震災復興計画を策定し、復興の基本方針を決めるとともに、少しずつ復興事業が始まってきました。

 最近では、4月に陸前高田市コミュニティホールと、高田高校が再建されました。また、災害公営住宅も4団地が完成し、防災集団移転促進事業や被災市街地土地区画整理事業も着々と工事が進んでいることから、高台への住宅再建も進んできています。
 
 4年前のあの状況から考えると、よくここまで短期間で進んだなぁというのが正直な感想です。これには被災された皆様の自助努力に加え、市内外の皆様のご協力や、市職員の懸命な努力があったと思います

 もちろん、仮設住宅もまだ7割の入居率ですから、まだまだお待ちになっている方も多いですし、「復興が遅い」という声もよく聞かせていただきます。重傷患者が軽傷患者より回復期間を要するように、被災規模が甚大だった陸前高田では、被災規模がより小さな町より、多くの復興期間を要するのが実情です。

 しかし、陸前高田市の持っている海や山の自然資源や人の温かさ、そして震災後に生じた様々なご縁と人脈を生かし、市長のリーダーシップのもとに市民が力を合わせて復興に向けて取り組めば、必ずや世界に誇れる素晴らしい街になる、そう確信しています。

 私は8月で陸前高田市を離れますが、今後も陸前高田市サポーターズの一員として、遠方より応援を続けたいと思います。そして、時には戻ってきて、復興の進み具合や市民の皆様の笑顔を拝見するのを楽しみにしております。

 これまで4年間の長きにわたり、お世話になりまして大変ありがとうございました。

2015年7月29日
陸前高田市副市長
久保田崇

バックナンバー

・05月07日更新 2015年度を迎えました/震災から4年の現状
・02月18日更新 被災地の教訓を活用して危機意識を高めてほしい
・12月22日更新 新ブランド米「たかたのゆめ」を使用した幕の内弁当を東京駅で発売!
・11月07日更新 ツール・ド・三陸に出場しました
・10月24日更新 災害公営住宅第一号完成&ノーマライゼーションのアクションプラン意見募集
・09月03日更新 東北大学の学生さんから陸前高田訪問記が届きました
・07月07日更新 ツール・ド・三陸 今年も開催決定!
・05月29日更新 ワールドカップ2014日本代表・香川真司選手が来庁
・03月20日更新 震災から3年目の現状
・01月28日更新 2014年を迎えて-復興事業の状況と本年の取り組み
・12月25日更新 陸前高田市図書館ゆめプロジェクト 陸前高田市×バリューブックス 100万冊突破
・12月05日更新 「WORK FOR 東北」~復興現場で働きませんか?
・11月01日更新 「ノーマライゼーションという言葉のいらないまち」を目指して「障害者と防災シンポジウム」を開催
・10月23日更新 小泉進次郎・復興大臣政務官、グレッグレモン氏ご来訪
・09月09日更新 ドイツ訪問記②
・08月30日更新 ドイツ訪問記①
・06月20日更新 子ども・若者が住みたくなるような街づくりとは?
・05月14日更新 奇跡の一本松に思う
・04月26日更新 市役所再建の候補地は複数案を示します
・04月15日更新 4月24日まで、任期付職員を急募します!

久保田副市長の寄稿記事など

2014年3月20日 ダイヤモンドオンライン
日本の20年後を先取りする 「課題先進地」からのチャレンジ
http://diamond.jp/articles/-/50452

スペシャルイベント「災害と障害者 日本からの教訓」報告(2013年9月24日、米国ニューヨークにて)
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/intl/un/130923_SpecialEvent/jdf130924_report.html

2013年10月16日 三陸経済新聞
「ノーマライゼーションという言葉のいらないまち」を目指す陸前高田市、そのビジョンを国連関係行事で発表/被災地に立つ陸前高田市・久保田崇副市長のリポート第2弾
http://sanriku.keizai.biz/column/5/

2013年9月7日 三陸経済新聞
陸前高田の中学生が独アディダス&ブンデスリーガ現地訪問/被災地に立つ陸前高田市・久保田崇副市長が同行リポート
http://sanriku.keizai.biz/column/4/

2013年3月18日 ダイヤモンドオンライン
槌音響き始めた住宅の高台移転 次の課題は産業活性化のための戦略的復興
http://diamond.jp/articles/-/33415

2012年10月15日 共同通信 ちょっとだけ47行政ジャーナル
被災地から積極的に情報発信を
http://www.47news.jp/47gj/latestnews/2012/10/1348144.html

2012年8月24日 ダイヤモンドオンライン
震災から1年半、陸前高田のいま 震災の記憶の風化が進むなら こちらから情報発信を仕掛ける
http://diamond.jp/articles/-/23707


陸前高田市副市長に聞く5つの質問
 ページトップへ