1. トップページ
  2. >
  3. 福祉
  4. >
  5. 生活保護

生活保護

生活保護とは

 病気・失業などで日常生活が困難となり、資産・各種援助制度などを活用しても最低限度の生活を維持することができない世帯に、1日でも早く自分たちの生活を自分たちで支えられるよう援助する制度です。

保護の種類

次の8種類の扶助があります。
種類 費用 支給内容
生活扶助 飲食物費、光熱費、移送費などの生活費用 基準額は、
1.食費などの個人的費用
2.光熱水費など世帯共通費用を合算して算出
特定の世帯には加算があります。(母子加算など)
教育援助 小・中学校に通っている児童・生徒の教材費や給食代などの教育費用 定められた基準額を支給
住宅扶助 家賃、間代、地代などの費用 定められた範囲内で実費を支給
医療扶助 病院での投薬、処置、手術、入院などに要する費用(予防接種などは対象になりません) 費用は直接医療機関へ支給(個人負担なし)
介護扶助 介護保険に伴う費用 費用は直接介護事業者へ支給(個人負担なし)
出産扶助 出産時に伴う費用 定められた範囲内で実費を支給
生業扶助 就職や技能習得に必要な費用 定められた範囲内で実費を支給
葬祭扶助 葬祭に必要な費用 定められた範囲内で実費を支給
 ページトップへ 

手続き

相談

生活保護の手続き相談、生活に困った時は、長寿社会課にご相談ください。家庭の事情や困っている状況などをお聞きし、保護を受けるための要件を説明したり、年金や手当などが受けられる場合はその手続きなども説明します。

申請

受けようとする人の申請が必要です。申請者は本人か同居の親族などの扶養義務者ができます。

調査

申請後、福祉事務所の担当ケースワーカーが保護の決定のために必要な調査を行います。

決定

調査に基づき国が定めた最低生活基準と申請のあった世帯の収入を比べ、生活保護が必要かどうかを決定し書面でお知らせします。

通知

保護が受けられる場合は「保護決定通知書」を、保護が受けられない場合は「保護申請許可通知書」を送ります。
 ページトップへ