1. トップページ
  2. >
  3. 福祉
  4. >
  5. 障がい者福祉
  6. >
  7. 障がい者差別の解消

障がい者差別の解消

障害者差別解消法が施行

 平成28年4月より「障害者差別解消法」(障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)が施行されました。
 この法律は、障がいのある人もない人も、互いにその人らしさを認め合いながら、共に生きる社会を目指すために制定されたものであり、行政機関や民間事業者の障がい者への「不当な差別的取扱い」や「合理的配慮の不提供」を禁止するものです。(民間事業者の合理的配慮提供は努力義務となります)
 なお、陸前高田市では法の施行以前から「ノーマライゼーションという言葉のいらないまちづくり」の理念のもとに差別のないまちづくりを進めております。

ページ下部に、法の内容をわかりやすく解説したリーフレットがありますので、ご覧下さい。

差別に関する相談窓口

 障がい者に対する差別や合理的配慮に関する相談がある場合は、下記の窓口にて受け付けておりますので、お気軽にご相談下さい。

<障がい者差別に関する相談窓口>
民生部地域福祉課 障がい福祉係
TEL:0192-54-2111(内線204)/FAX:0192-55-6118

障害者差別解消法リーフレット(内閣府)
障害者差別解消法リーフレットわかりやすい版(内閣府)
 ページトップへ