1. トップページ
  2. >
  3. 保健・医療
  4. >
  5. 後期高齢者医療制度
  6. >
  7. 後期高齢者医療制度の保険料

後期高齢者医療制度の保険料

 保険料は、個人ごとに決まり、被保険者一人ひとり全員に納めていただきます。
 保険料の基準(保険料率)は、2年ごとに見直され、県内均一です。

岩手県の保険料率

28年度・29年度
保険料率 均等割額 所得割額
限度額57万円 38,000円 被保険者の所得所得割率
(7.36%)

所得割額の算定に係る被保険者の所得は、「基礎控除後(330,000円)総所得金額等」を基準とします。

均等割額の軽減

 世帯(世帯主と被保険者)の所得に応じて均等割額が軽減されます。
軽減割合 世帯(世帯主と被保険者)の総所得金額等 軽減後の均等割額
9割 基礎控除額(33万円)を超えない世帯で被保険者全員が年金収入80万円以下の世帯(その他各種所得がない場合) 3,800円
8.5割 基礎控除額(33万円)を超えない世帯 5,700円
5割 [基礎控除額(33万円)+26.5万円×世帯の被保険者数]を超えない世帯 19,000円
2割 [基礎控除額(33万円)+48万円×世帯の被保険者数]を超えない世帯 30,400円

所得割額の軽減

 所得割額を負担する方のうち、所得割額算定に用いる所得が58万円以下の方は、所得割額が5割軽減されます。
収入が年金のみの場合、年金収入が153万円から211万円までの方が対象となります。

被保険者の被扶養者への特例

 後期高齢者医療制度に加入する前日まで、会社の健康保険の被扶養者だった方は、所得割がかからず、均等割額は9割軽減されます。
国保、国保組合に加入していた人は、該当しません。

保険料の減免について

後期高齢者医療保険料の減免について

次に該当する場合には、保険料の減免を受けられることがあります。

  1. 震災、風水害、火災等の災害により、被保険者又はその属する世帯の世帯主の所有に係る住宅、家財又はその他の財産にその価格の30%以上の損害(保険金及び損害賠償金等により補てんされるべきものを除く。)受け、かつ、前年中の合計所得金額が1,000万円以下であって、保険料の納付が困難と認められるとき
  2. 被保険者の属する世帯の世帯主の収入が、農作物の不作、不漁等により著しく減少した場合において、農林漁業生産物の減収による損失額の合計額(農林漁業減収価格から農業災害補償法及び漁業災害補償法の規定により支払われる共済金額を控除した額をいう。)が、平年における当該農林漁業生産物に係る収入額の合計額の30%以上でありかつ前年中の合計所得金額が1,000万円以下(当該合計所得金額のうち農林漁業所得以外の所得が400万円を超えるときを除く。)であって、保険料の納付が困難とみとめられるとき。
  3. 被保険者の属する世帯の世帯主が死亡したこと又はその者が心身に重大な被害を受け、もしくは長期に入院したことにより、並びに事業又は業務の休廃止、事業における著しい損失、失業等により当該年の所得(雇用保険給付等を含む。)の見積額が前年中の合計所得金額の50%以下に減少し、かつ前年中の合計所得金額が600万円以下であって、保険料の納付が困難と認められるとき

納付方法について

保険料の納付方法

保険料の納め方
特別徴収(年金天引)と普通徴収の2つの方法があります。

①年金からの天引き(特別徴収)
・介護保険の徴収対象となっている公的年金等の支給額が18万円以上の方。
・介護保険料と合わせた保険料額が介護保険料の徴収対象となっている年金の2分の1を超えない方。
・新規に加入になった方は、一定の期間は特別徴収にはなりません。
・年金の支払い調整、年金差止め、年金からの借入等があった場合も特別徴収は停止され、納付書での納付となります。

・年金からの天引きとなる方でも、口座振替による納付に変更が可能です。ご希望の方は後期高齢者医療保険担当窓口で手続きを行ってください。(納付状況によっては出来ない方もあります。)


②納付書による納付(普通徴収)
・年金から天引き(特別徴収)の対象とならない方は、市から送付される納付書等で保険料を納めていただきます。
・介護保険の徴収対象となっている公的年金等の支給額が18万円未満の方。
・介護保険料と合わせた保険料額が介護保険料の徴収対象となっている年金の2分の1を超える方。
・年度途中で新たに加入された方。
・年度途中で他の市町村から転入された方。
・保険料が一度決定した後、減額となった場合、翌年度一定期間は納付書等での納付となります。
・年金担保貸付金を返済中、または貸付開始をされた方。
・口座振替による納付を希望し、市町村において所定の手続きをされた方。

③口座振替を利用しましょう
 納め忘れがなく、納めに行く手間も省ける安心・便利な口座振替をご利用ください。被保険者証・通帳及び通帳の印鑑を持って金融機関窓口でお手続きください。

 ページトップへ