1. トップページ
  2. >
  3. くらし
  4. >
  5. 公営住宅

公営住宅

災害公営住宅家賃算定(自動計算)

災害公営住宅家賃自動算定ページはこちら

市営住宅の入居者を募集しています 

 市では下記の通り、市営住宅の入居者を募集しています。市営住宅は住宅に困窮する低額所得者に対し生活の安定を図るための住宅で、低廉な家賃で賃貸します。

入居募集団地

団地名 構造 間取り 戸数 備考
松峰 簡易耐火2階 3K(6.8+6+3) 1 18号(建築年:昭和45年)
松峰 簡易耐火2階 3K(7.8+6+3.8) 3 26号、30号、32号(建築年:昭和48年)
鳴石第3 木造2階建 2LDK(洋8+洋8) 2 205号、206号(建築年:平成13年)

入居資格

以下の(1)~(3)の各条件を満たしていること。
(1) 入居しようとする世帯全員の所得総額が月額158,000円以下(高齢者、障がい者、小学校就学前の方がいる世帯については214,000円以下)の方
(2) 転勤・結婚等のために現に住宅に困っている方
(3) 申込者及び同居しようとする入居者が暴力団員でないこと

家賃について

 市営住宅の家賃は、入居する方の所得額によって決定されます。所得額を区分分け(収入分位といいます)し、それに対応して家賃額が設定されております。
家賃例
団地名 一般階層 裁量階層
収入分位1 収入分位2 収入分位3 収入分位4 収入分位5 収入分位6
~104,000 104,001~
123,000
123,001~
139,000
139,001~
158,000
158,001~
186,000
186,001~
214,000
松峰 10,500 12,100 13,800 14,500 14,500 14,500
鳴石第3 25,000 28,800 33,000 37,200 42,500 49,000
一般階層:裁量階層以外で、月額所得が158,000円以下の世帯
裁量階層:高齢者、障がい者、小学校就学前の方がいる世帯で、月額所得が214,000円以下の世帯
※入居後3年を経過し、世帯の月額所得が158,000円(高齢者、障がい者、小学校就学前の方がいる世帯の場合は、214,000円)を超えた場合、4年目からは割増家賃と、住宅の明渡し努力義務が発生します。
※入居後5年を経過し、2年連続で世帯の月額所得が313,000円を超えた場合、6年目からさらなる割増家賃が発生するとともに、住宅の明渡し請求が行われます。

入居申込の方法

以下の書類に必要事項を記入し、下記窓口に持参または郵送により提出してください。
(1) 入居申込書(陸前高田市営住宅管理センター、市役所建設課にて配布しています)
(2) 入居希望者全員の本籍が記載された住民票(市民課発行 1通300円)
(3) 18歳以上(高校生を除く)の方全員の所得課税扶養証明書(税務課発行 1通300円)
(4) 納税証明書(滞納なし)…公課の滞納がないことを確認するために必要となります。滞納があった場合、入居者選考の際に、著しく不利な取扱いを受けることとなります。(税務課発行 1通300円)
※納税証明書の取得の際は、税目ごとではなく、滞納がないことを一括で証明する内容と窓口でお話しください。
(5) 障がいがある方は、障害者手帳等のコピー
※証明書等を取得する際に身分証明書が必要となります。

募集期間

平成30年5月16日(水) から 平成30年5月30日(水) まで(※土日祝除く)

注意事項

(1) 申込書に記載された内容が事実と異なる場合、または入居資格を失った場合は申込みを無効とします。
(2) 入居決定後、連帯保証人との連名による誓約書の提出(保証人の所得証明書及び印鑑登録証明書添付)が必要となります。

申込書受付窓口・問い合わせ先

〒029-2203 陸前高田市竹駒町字滝の里18-1
株式会社 寿広 陸前高田市営住宅管理センター 電話番号:0192-53-1323

※陸前高田市役所建設課管理係でも受付けます。(電話番号:0192-54-2111 内線402、403)

入居者の選考方法

(1) 申込みの受付時に、現在の住宅困窮事情等について聞き取りを行います。その後、申込み内容について審査を行い、困窮度の高い方から順に入居決定を行います。そのため、より困窮度の高い方がいる場合、入居をお断りすることがございますので、ご了承ください。
(2) 困窮度の順位が定め難い場合については、公開抽選により入居者を決定することといたします。

連帯保証人について

 入居決定後、連帯保証人の連署をした入居誓約書の提出が必要になります。連帯保証人の要件は、次の通りとなります。
(1) 市内に在住していること
(2) 入居者と同等か、それ以上の収入があること
(3) 公営住宅に入居していないこと
※連帯保証人の確保が難しい場合は、建設課までご相談ください。

過去分

公営住宅過去分
 ページトップへ