1. トップページ
  2. >
  3. くらし
  4. >
  5. 公営住宅

公営住宅

災害公営住宅家賃算定(自動計算)

災害公営住宅家賃自動算定ページはこちら

市営住宅の入居者を募集しています

 市では下記の通り、市営住宅の入居者を募集します。市営住宅は住宅に困窮する低額所得者に対し生活の安定を図るための住宅で、低廉な家賃で賃貸します。

入居募集団地

団地名 構造 間取り 戸数 備考
松峰 簡易耐火2階建 3K 2 24号(建設年:昭和47年)
28号(建設年:昭和48年)
鳴石第3 木造2階建 3LDK 1 205号(建設年:平成13年)

入居資格

以下の(1)~(3)の各条件を満たしていること。
(1) 入居しようとする世帯全員の所得総額が月額158,000円以下(高齢者、障がい者、小学校就学前の方がいる世帯については214,000円以下)の方
(2) 転勤・結婚等のために現に住宅に困っている方
(3) 申込者及び同居者が暴力団員でないこと

家賃について

 市営住宅の家賃は、入居する方の所得額によって決定されます。所得額を区分分け(収入分位といいます)し、それに対応して家賃額が設定されております。今回募集する団地の家賃額は以下の通りです。
家賃一覧表
団地名 部屋
番号
一般階層 裁量階層
収入分位1 収入分位2 収入分位3 収入分位4 収入分位5 収入分位6
~104,000 104,001~
123,000
123,001~
139,000
139,001~
158,000
158,001~
186,000
186,001~
214,000
松峰 24号 9,500 11,000 12,600 13,900 13,900 13,900
28号 10,500 12,100 13,800 14,800 14,800 14,800
鳴石第3 205号 25,200 29,100 33,300 37,500 42,900 49,500
一般階層:裁量階層以外で、月額所得が158,000円以下の世帯
裁量階層:高齢者、障がい者、小学校就学前の方がいる世帯で、月額所得が214,000円以下の世帯
※入居後3年を経過し、世帯の月額所得が158,000円(高齢者、障がい者、小学校就学前の方がいる世帯の場合は、214,000円)を超えた場合、4年目からは割増家賃と、住宅の明渡し努力義務が発生します。
※入居後5年を経過し、2年連続で世帯の月額所得が313,000円を超えた場合、6年目からさらなる割増家賃が発生するとともに、住宅の明渡し請求が行われます。

入居申込の方法

以下の書類に必要事項を記入し、受付窓口に持参または郵送により提出してください。
(1) 入居申込書(陸前高田市営住宅管理センター、市役所建設課にて配布しています)
(2) 入居希望者全員の本籍が記載された住民票(市民課発行 1通300円)
(3) 18歳以上(高校生を除く)の方全員の所得課税扶養証明書(税務課発行 1通300円)
(4) 納税証明書(滞納なし)…公課の滞納がないことを確認するために必要となります。滞納があった場合、入居者選考の際に、著しく不利な取扱いを受けることとなります。(税務課発行 1通300円)
※納税証明書の取得の際は、税目ごとではなく、滞納がないことを一括で証明する内容と窓口でお話しください。
(5) 障がいがある方は、障害者手帳等のコピー
※証明書等を取得する際に身分証明書が必要となります。

募集期間

平成29年9月19日(火) から 平成29年10月6日(金) まで(※土日祝除く)

注意事項

(1) 申込書に記載された内容が事実と異なる場合、または入居資格を失った場合は申込みを無効とします。
(2) 入居決定後、連帯保証人との連名による誓約書の提出(保証人の所得証明書及び印鑑登録証明書添付)が必要となります。

申込書受付窓口・問い合わせ先

〒029-2203 陸前高田市竹駒町字滝の里18-1
株式会社 寿広 陸前高田市営住宅管理センター 電話番号:0192-53-1323

※陸前高田市役所建設課管理係でも受付けます。(電話番号:0192-54-2111 内線402)

入居者の選考方法

(1) 申込みの受付時に、現在の住宅困窮事情等について聞き取りを行います。その後、申込み内容について審査を行い、困窮度の高い方から順に入居決定を行います。そのため、より困窮度の高い方がいる場合、入居をお断りすることがございますので、ご了承ください。
(2) 困窮度の順位が定め難い場合については、公開抽選により入居者を決定することといたします。

申込みから入居までの流れ


(1) 申込み後、入居資格・困窮度審査が終わった段階で、入居の可否についてご連絡いたします。
(2) 入居許可書が送付されましたら、入居許可書の日付から10日以内に、連帯保証人の連署をした入居誓約書の提出と、入居敷金の納付をお願いいたします。入居敷金は、家賃の3ヶ月分となります。

連帯保証人について

 入居決定後、連帯保証人の連署をした入居誓約書の提出が必要になります。連帯保証人の要件は、次の通りとなります。
(1) 市内に在住していること
(2) 入居者と同等か、それ以上の収入があること
(3) 公営住宅に入居していないこと
※連帯保証人の確保が難しい場合は、建設課までご相談ください。

市営住宅家賃算定のしかた

下記の(1)~(4)の手順により計算することで、大まかな家賃を算出できます。
(1) 源泉徴収票等を利用し、Ⓐ年間所得額(世帯全員分)を算出します。
所得課税扶養証明書を利用することで、より正確な家賃を算定できます。)
(2) Ⓑ親族控除額を算出します。
(3) 世帯のⒶ年間所得額からⒷ親族控除額を引き、12で割りⒸ月額所得額を算出します。
(4) 月額所得額を前ページの家賃一覧表にあてはめることで、家賃を想定できます。

【Ⓐ:年間所得額の算出】
①給与所得額 ②年金所得額 ③事業等所得額 年間所得額合計
申込者本人
同居親族1
同居親族2
同居親族3
同居親族4
Ⓐ合  計
①欄には給与所得の源泉徴収票「給与所得控除後の金額」の欄の金額を記入してください。
②欄には公的年金等源泉徴収票「年金支払額」を確認し、下表を用い、算出の上、記入してください。
③欄には事業等収入額から必要経費等を引いた金額を記入してください。
同居親族が5人以上の場合は適宜、欄を追加してください。
<年金収入の年間所得算出表>
65歳未満の場合
年金支払金額 ②年金所得額計算
700千円未満 0円
700千円~1,300千円未満 年金支払額-700,000円
1,300千円~4,100千円未満 年金支払額×0.75-375,000円
4,100千円~7,700千円未満 年金支払額×0.85-785,000円
7,700千円~ 年金支払額×0.95-1,555,000円
65歳以上の場合
年金支払金額 ②年金所得額計算
1,200千円未満 0円
1,200千円~3,300千円未満 年金支払額-1,200,000円
3,300千円~4,100千円未満 年金支払額×0.75-375,000円
4,100千円~7,700千円未満 年金支払額×0.85-785,000円
7,700千円~ 年金支払額×0.95-1,555,000円

【Ⓑ:親族控除額の算出】
控除の種類 内容 控除額計算
①親族控除 本人を除く同居親族及び遠隔地扶養親族 38万円×   人
②特定扶養親族控除 本人及び親族控除を受ける者のうち、16歳以上23歳未満の者 25万円×   人
③老人扶養控除
 老人配偶者控除
70歳以上の控除対象配偶者・扶養親族 10万円×   人
④特別障害者控除 本人及び親族控除を受ける者のうち、重度の障がいのある者
(身体障害者手帳1,2級、精神障害者保健福祉手帳1級、療育手帳A級)
40万円×   人
⑤障害者控除 親族控除を受ける者のうち、障害者手帳の交付がされている者(③を除く)
(身体障害者手帳3~6級、精神障害者保健福祉手帳2,3級、療育手帳B級等)
27万円×   人
⑥寡婦(夫)控除 所得税法上寡婦又は寡夫控除を受けている者 27万円×   人
Ⓑ(①~⑥)合計

【Ⓒ月額所得額】=(Ⓐ年間所得額-Ⓑ親族控除額)÷12ヶ月
世帯に、純損失、雑損失の繰越控除がある方がいる場合、繰越分を所得額から差し引いてから世帯員の所得を合計してください。

<参考>家賃計算例

【例1】4人世帯で松峰団地24号室に入居する場合
続柄 年齢 職業 年間収入額 年間所得額
本人 45 会社員 (給与) 3,200,000円 2,060,000円
44 パート (給与)  960,000円 310,000円
子(身障3級) 17 高校生 0円 0円
14 中学生 0円 0円
合計 4,160,000円 Ⓐ2,370,000円
{Ⓐ年間所得額2,370,000円-Ⓑ(同居者控除380,000円×3人+特定扶養親族控除250,000円×1人+障害者控除270,000円×1人)}/12ヶ月=Ⓒ月額所得額59,166円
 ⇒家賃一覧表で「収入分位1」家賃(月額9,500円)となります。

【例2】2人世帯で鳴石第3団地205号室に入居する場合
続柄 年齢 職業 年間収入額 年間所得額
本人 67 無職 (年金) 1,850,000円 650,000円
64 無職 (年金)  750,000円 50,000円
合計 2,600,000円 Ⓐ700,000円
{Ⓐ年間所得700,000円-Ⓑ(同居者控除380,000円×1人)}/12ヶ月=Ⓒ月額所得額26,666円
 ⇒家賃一覧表で「収入分位1」家賃(月額25,200円)となります。

災害公営住宅の入居者を募集します

 市では下記の通り、災害公営住宅の入居者を募集します。災害公営住宅は東日本大震災により住宅を失い、現に住宅に困窮している方々等を入居対象とする公的な賃貸住宅です。

入居募集団地

間取り
団地名
1DK 2DK 3DK 1DK
車いす対応
2DK
車いす対応
3DK
ペット可
2DK
車いす対応
ペット可
下和野 2戸
水上 3戸 6戸 2戸
西下 1戸 2戸
柳沢前 2戸 6戸 2戸
中田 5戸 28戸 11戸 2戸 1戸 2戸
大野 7戸 9戸 1戸
田端 4戸 3戸
長部 3戸 1戸 1戸
今泉 1戸 1戸
脇の沢 17戸 5戸 2戸
2DK・3DK… 同居人数制限なし
3DK(ペット可)…今現在ペットを飼育している世帯に限り、申込を受け付けます。
応募者多数の場合は、抽選とします。
追加募集団地については、募集期間内に入居者が決定しない場合、継続募集とします。

募集期間

平成29年9月19日(火) から 10月6日(金)まで【消印有効】

入居資格

以下の(1)~(4)の条件をすべて満たしていること。
(1)次の①~③のいずれかに該当する者であること。
  ① 東日本大震災により住宅を失った方
    (全壊、全焼、全流失又は大規模半壊、半壊であって、解体を余儀なくされた場合)
  ② 被災地において実施される国で定める事業の実施に伴い移転が必要となった方
  ③ 福島原発事故による居住制限者
(2)応急仮設住宅(みなし仮設住宅等を含む)などに居住しており、現に住宅に困窮していることが明らかな方であること
(3)入居申込者及び同居者が暴力団員でないこと
(4)住宅再建に関する補助金を受領していないこと

入居申込の方法

(1)に必要事項を記入し(2)~(5)を添えて、受付窓口に持参または郵送により提出してください。
持参の場合、土日祝日を除きます

(1)入居申込書(陸前高田市営住宅管理センター、市役所建設課にて配布、または市のホームページから印刷してください。)

 (2)入居希望者全員の本籍が記載された住民票の写し(市民課発行)
 (3)18歳以上(高校生を除く)の方全員の所得・課税・扶養証明書(税務課発行)
 (4)り災証明書(写しでも可)
 (5)障がいがある方は、障害者手帳等の写し
証明書等を取得する際に身分証明書が必要です。

注意事項

(1)申込書に記載された内容が事実と異なる場合、または入居資格を失った場合は申し込みを無効とします。
(2)入居決定後、連帯保証人との連名による誓約書の提出が必要です(連帯保証人の所得証明書及び印鑑登録証明書添付)。
  連帯保証人の確保が困難な場合は事前にご相談ください。

受付窓口・問い合わせ先

〒029-2203 陸前高田市竹駒町字滝の里18-1
株式会社 寿広 陸前高田市営住宅管理センター  電話番号:0192-53-1323

陸前高田市役所建設課管理係でも受付けます。(電話番号:0192-54-2111 内線402)

想定家賃

月額所得(円) 想定家賃(円) 想定される標準的家賃であり、家賃は世帯収入及び団地ごとに変動します。
1 市の減免基準により、申請を行うことで、( )内の金額まで減免される場合があります。(生活保護費を受給している世帯については、当該減免措置は適用されません。)

2 左記家賃の他に、共益費及び駐車場使用料が別途必要です。

3 入居後3年を経過し、世帯の月額所得が158,000円(高齢・障がい者等の世帯については214,000円)を超える世帯は、4年目から割増家賃が発生するとともに、住宅の明渡し努力義務が生じます。

4 入居後5年を経過し、2年連続で、世帯の月額所得が313,000円を超える世帯は、6年目からさらなる割増家賃が発生するとともに、住宅の明渡し請求がおこなわれます。
1DK
(47㎡)
2DK
(58.6㎡)
2DK車いす
(66.9㎡)
3DK
(72.2㎡)
Ⅰ-1 0  5,300  (1,700)  6,600  (2,100)  7,600  (2,400)  8,200  (2,600)
Ⅰ-2 1~17,250  9,000  (5,100) 11,200  (6,500) 12,900  (7,400) 13,900  (8,000)
Ⅰ-3 17,251~34,500  9,000  (8,600) 11,200 (10,700) 12,900 (12,400) 13,900 (13,300)
Ⅰ-4 34,501~40,000  9,000 11,200 12,900 13,900
Ⅰ-5 40,001~51,750 12,700 (12,100) 15,900 (15,100) 18,100 (17,300) 19,500 (18,600)
Ⅰ-6 51,751~60,000 12,700 15,900 18,100 19,500
Ⅰ-7 60,001~69,000 16,400 (15,500) 20,500 (19,500) 23,400 (22,300) 25,200 (24,000)
Ⅰ-8 69,001~80,000 16,400 20,500 23,400 25,200
Ⅰ-9 80,001~104,000 17,300 21,700 24,800 26,700
104,001~123,000 20,000 25,000 28,600 30,800
123,001~139,000 22,900 28,600 32,700 35,200
139,001~158,000 25,800 32,300 36,900 39,700
158,001~186,000 29,500 36,900 42,100 45,400
186,001~214,000 34,000 42,500 48,600 52,400
214,001~259,000 39,800 49,800 56,900 61,400
259,001 45,900 57,400 65,700 70,800

<参考>災害公営住宅家賃算定のしかた

下記の1~4の手順により計算することで、大まかな家賃を算出できます。
 1 源泉徴収票等を利用し、Ⓐ年間所得額(世帯全員分)を算出します。
  (所得課税扶養証明書を利用することで、より正確な家賃を算定できます。)
 2 Ⓑ親族控除額を算出します。
 3 世帯のⒶ年間所得額からⒷ親族控除額を引き、12で割りⒸ月額所得額を算出します。
 4 月額所得額を前ページの想定家賃の表にあてはめることで、家賃を想定できます。

【Ⓐ:年間所得額の算出】
①給与所得額 ②年金所得額 ③事業等所得額 年間所得額合計
申込者本人
同居親族1
同居親族2
同居親族3
同居親族4
Ⓐ合  計
①欄には給与所得の源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」の欄の金額を記入してください。
②欄には公的年金等源泉徴収票の「支払金額」を確認し、下表を用い、算出の上、記入してください。
③欄には事業等収入額から必要経費等を引いた金額を記入してください。
同居親族が5人以上の場合は適宜、欄を追加してください。
<年金収入の年間所得算出表>
65歳未満の場合
年金支払金額 ②年金所得額計算
700千円未満 0円
700千円~1,300千円未満 年金支払金額-700,000円
1,300千円~4,100千円未満 年金支払金額×0.75
      -375,000円
4,100千円~7,700千円未満 年金支払金額×0.85
      -785,000円
7,700千円~ 年金支払金額×0.95
     -1,555,000円
65歳以上の場合
年金支払金額 ②年金所得額計算
1,200千円未満 0円
1,200千円~3,300千円未満 年金支払金額-1,200,000円
3,300千円~4,100千円未満 年金支払金額×0.75
      -375,000円
4,100千円~7,700千円未満 年金支払金額×0.85
      -785,000円
7,700千円~ 年金支払金額×0.95
     -1,555,000円

【Ⓑ:親族控除額の算出】
控除の種類 内容 控除額計算
①親族控除 本人を除く同居親族及び遠隔地扶養親族 38万円×   人
②特定扶養親族控除 本人及び親族控除を受ける者のうち、16歳以上23歳未満の者 25万円×   人
③老人扶養控除
老人配偶者控除
70歳以上の控除対象配偶者・扶養親族 10万円×   人
④特別障害者控除 本人及び親族控除を受ける者のうち、重度の障がいのある者
(身体障害者手帳1,2級、精神障害者保健福祉手帳1級、療育手帳A級)
40万円×   人
⑤障害者控除 親族控除を受ける者のうち、障害者手帳の交付がされている者(③を除く)
(身体障害者手帳3~6級、精神障害者保健福祉手帳2,3級、療育手帳B級等)
27万円×   人
⑥寡婦(夫)控除 所得税法上寡婦又は寡夫控除を受けている者 27万円×   人
Ⓑ(①~⑥)合計

【Ⓒ月額所得額】=(Ⓐ年間所得額-Ⓑ親族控除額)÷12ヵ月
世帯に、純損失、雑損失の繰越控除がある方がいる場合、繰越分を所得額から差し引いてから世帯員の所得を合計してください。

<参考>家賃計算例

【例1】・4人世帯で3DKの場合
続柄 年齢 職業 年間収入額 年間所得額
本人 45 会社員 (給与) 3,200,000円 2,060,000円
44 パート (給与)  960,000円 310,000円
子(身障3級) 17 高校生 0円 0円
14 中学生 0円 0円
合計 4,160,000円 Ⓐ2,370,000円
{Ⓐ年間所得額2,370,000円-Ⓑ(同居者控除380,000円×3人+特定扶養親族控除250,000円×1人+障害者控除270,000円×1人)}/12ヵ月=Ⓒ月額所得額59,166円
 ⇒家賃算定表で「Iー6」家賃(3DK欄の月額19,500円)となります。

【例2】・2人世帯で2DKの場合
続柄 年齢 職業 年間収入額 年間所得額
本人 67 無職 (年金) 1,850,000円 650,000円
64 無職 (年金)  750,000円 50,000円
合計 2,600,000円 Ⓐ700,000円
{Ⓐ年間所得700,000円-Ⓑ(同居者控除380,000円×1人)}/12ヵ月=Ⓒ月額所得額26,666円
 ⇒家賃算定表で「I-3」家賃(2DK欄の月額11,200円)となります。

申込みから入居までの流れ


過去分

公営住宅過去分
 ページトップへ