1. トップページ
  2. >
  3. くらし
  4. >
  5. 上水道
  6. >
  7. 指定給水装置工事事業者証の更新について

指定給水装置工事事業者証の更新について

 令和元年10月1日に改正水道法が施行され、給水装置工事事業者制度に更新制が導入されました。この改正により、指定の有効期間が無期限から5年間となり、指定給水装置工事事業者は、有効期間内での更新手続きが必要となりました。
 初回の更新手続きは、政令の規定の経過措置により、従前の制度で指定を受けた日によって、更新までの有効期間が1年から5年と異なります。
 当市では、更新手続きの時期及び期間を、「当初の指定を受けた年月日」により振り分け、下記のとおり設定しておりますので、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 なお、更新後の有効期間は、更新決定した日にかかわらず、経過措置の有効期間の満了の日の翌日から5年間となります。早期に手続きを行った場合にあっても、有効期間の開始日に変更はありません。

1 初回更新手続きについて

当初指定を受けた年月日 経過措置の期間 初回更新手続きの期間 更新後事業者証の
有効期間
H10.4.1~H11.3.31
(指定番号・指定年月日が
不明である事業者を含む。)
1年 R2.5.1~R2.8.31 R2.9.30~R7.9.29
H11.4.1~H15.3.31 2年 R3.5.1~R3.8.31(予定) R3.9.30~R8.9.29
H15.4.1~H19.3.31 3年 R4.5.1~R4.8.31(予定) R4.9.30~R9.9.29
H19.4.1~H25.3.31 4年 R5.5.1~R5.8.31(予定) R5.9.30~R10.9.29
H25.4.1~R1.9.30 5年 R6.5.1~R6.8.31(予定) R6.9.30~R11.9.29
R1.10.1以降 指定日から5年間

2 申請時に必要な提出書類

(1) 様式第1(新規指定時の申請書と同様)【WORD】【PDF
(2) 様式第2(欠格要件に該当しないことの誓約書)【WORD】【PDF
(3) 機械器具調書及び写真【WORD】【PDF
(4) 定款及び登記事項証明書(法人)又は住民票の写し(個人)
(5) 給水装置工事主任技術者選任・解任届出書【WORD】【PDF
(6) 給水装置工事主任技術者免状番号を確認できるもの(免状又は技術者証の原本もしくは写し)
(7) 指定給水装置工事事業者 指定更新時確認事項【EXCEL】【PDF
(8) 従業員名簿【WORD】【PDF

3 当市において、指定更新時確認事項として確認する項目

(1) 指定給水装置工事事業者の講習会の受講実績
(2) 指定給水装置工事事業者の業務内容(営業時間、漏水修繕、対応工事等)
(3) 給水装置工事主任技術者等の研修会の受講状況
(4) 適切に作業を行うことができる技能を有する者の従事状況

4 更新に係る事務手続き手数料(陸前高田市水道事業給水条例第36条による)

10,000円
 ページトップへ