1. トップページ
  2. >
  3. 教育・スポーツ・文化財
  4. >
  5. 文化財防火デー

文化財防火デー

文化財防火デー

 毎年1月26日は、「文化財防火デー」に制定されています。
 昭和24年1月26日に世界歴史遺産に登録されている法隆寺(奈良県)の金堂が炎上し、貴重な壁画等が失われましたが、この事件を期として、昭和25年に文化財保護法が制定されました。
 その後、昭和30年からは、1月26日を「文化財防火デー」と定め、文化財を火災、震災その他の災害から守るために、文化財愛護に関する意識の高揚を図っています。
 市においても、毎年1月26日には、文化財防火訓練を行っております。
 1月から2月は、1年のうち最も多く火災が発生する時期です。十分注意してください。

平成28年度 文化財防火訓練実施状況

1 実施日
 平成29年1月26日(木)

2 実施場所
 観音寺(陸前高田市矢作町)

3 訓練の内容
 山火事による出火を想定した通報訓練、初期消火訓練、重要物品搬出訓練及び避難訓練


<訓練風景>

平成27年度 文化財防火訓練実施状況

1 実施日
 平成28年1月26日(火)

2 実施場所
 陸前高田市指定有形文化財 常膳寺観音堂 (陸前高田市小友町)

3 訓練の内容
 山火事による出火を想定して、住職や周辺住民等による通報、初期消火、重要物品の搬出等の参観者避難訓練を行いました。また、消防署による放水訓練を行いました。


<訓練風景>
 ページトップへ