1. トップページ
  2. >
  3. 教育・スポーツ・文化財
  4. >
  5. 文化財等保存活用計画

文化財等保存活用計画

文化財等保存活用計画

 「文化財等保存活用計画」とは、「陸前高田市民憲章」「陸前高田市総合計画基本構想」「陸前高田市震災復興計画」等の理念に基づき、 地域の自然歴史文化資源を市民とともに継承し、教育、観光、産業等に幅広く活用していくために策定した計画です。

1 基本理念

伝えよう豊かな風土と生活文化
育もうアイデンティティと誇り
まちづくりに活かそう地域のDNA

2 基本方針

豊かな自然・歴史・文化の価値に気づき、つたえ、活かす

3 保存活用の方策



<総合調査・研究>
 豊かな自然・歴史・文化を掘り起こす
<展示>
 文化財等の展示公開
<学習機会>
 歴史文化の学びの場をつくる
<情報発信>
 自然・歴史・文化を「深く知りたい」欲求に応える


<指定文化財の拡充>
 調査に基づき、指定文化財を拡充する
<収集保存>
 市民みんなの財産である収蔵物を大切にまもる
<文化財保護・伝承活動>
 民間との協働により文化財等をまもり伝える
<文化財レスキュー体制の整備>
 災害時の文化財などの救援・修復体制を充実する


<観光>
 歴史文化のストーリー性を観光に活かす
<生涯学習>
 陸前高田の誇りを伝える社会教育を推進する
<地域づくり>
 歴史文化を活用した新たな陸前高田ブランドの創出
<まちづくり>
 歴史文化の薫るまちづくりに展開する

4 陸前高田市文化財等保存活用計画策定業務報告書策

本編の35ページからが文化財等保存活用計画となります。
本編
資料編
 ページトップへ