1. トップページ
  2. >
  3. 教育・スポーツ・文化財
  4. >
  5. 一般文化財
  6. >
  7. 前花貝の津波関連石碑群

前花貝の津波関連石碑群 まえはながいのつなみかんれんせきひぐん

 指定種別 市指定
 種別 有形文化財(歴史資料)
 指定年月日 平成28年4月1日
 所在地
広田町字前花貝
 寸法 【前花貝の大海嘯溺死碑】
 地上高79cm 幅44cm 厚18.5cm

【前花貝の海嘯溺死霊供養碑】
 地上高66cm 幅41cm 厚25cm

【前花貝の海嘯溺死漂着者の碑】
 地上高89cm 幅46cm 厚23cm
 一般公開はしていません

概要

 前花貝の津波関連石碑は「前花貝の大海嘯溺死碑」、「前花貝の海嘯溺死霊供養碑」、「前花貝の海嘯溺死漂着者」の碑の3基があります。
 石碑の正面中央には、石碑の名称、向かって右側に津波発生の日付、左側に建て主の名前が刻まれています。3基とも平成23年に発生した東日本大震災津波により倒れましたが、地元の人たちにより再設置されています。
 明治29年明治三陸地震による津波が地元で大きな被害をもたらしたことのみならず、多くの漂流者があったことなどの歴史を示しており、明治三陸地震津波の記憶を未来につたえる遺産として貴重な資料です。
 ページトップへ