1. トップページ
  2. >
  3. 教育・スポーツ・文化財
  4. >
  5. 希望郷いわて国体
  6. >
  7. 炬火イベントについて

希望郷いわて国体

炬火イベントについて

炬火(きょか)とは

 「炬火(きょか)」とは、オリンピックでいう「聖火」にあたるもので、国体開催期間中選手を見守るシンボルとなるものです。県内全市町村から独自に採火された火が、国体総合開会式において一つに集火され、岩手県の火「希望郷いわての火」が完成します。
 本市では、気仙大工左官伝承館の「希望の灯り」から分灯し、陸前高田らしい魅力ある名前を付けることで「陸前高田市の火」が完成します。

陸前高田市の火が誕生しました

 平成28年7月23日(土)、気仙大工左官伝承館にある「希望の灯り」から分灯する「陸前高田市炬火採火式」が開催され、陸前高田市の火が誕生しました。採火は、戸羽陸前高田市長、高田高等学校女子バレーボール部主将熊谷李来さん(ビーチバレー参加者代表)、竹駒小学校吉田諒平さん(炬火名採用者)の3名により行われました。
 炬火名は、応募総数98通の中から審査の結果「陸前高田 つながる絆の火」に決定しました。「陸前高田の絆が、国体を通じて全国につながってほしい」という想いが込められています。陸前高田市の炬火は、10月1日(土)の国体総合開会式にて県内32市町村の炬火とともに「希望郷いわての火」として一つに集火されます。
 炬火名の入賞者は次の通りです。たくさんのご応募ありがとうございました。

最優秀賞 吉田 諒平さん (竹駒小学校3年)
優秀賞 鈴木 みのりさん (高田小学校1年)
佳作 前田 佳穂さん (横田小学校2年)

 
     
 

炬火名募集 ※募集を終了しました

 多くの市民のみなさまに親しみをもって声援していただくため、炬火名を募集しています。採用された方は、7月23日(土)気仙大工左官伝承館にて行われる採火式にて、他の代表者とともに「希望の灯り」から分灯していただきます。また、記念品の授与を行います。
  要項  応募用紙

陸前高田市炬火採火式が開催されます

 気仙大工左官伝承館の「希望の灯り」から分灯する「陸前高田市炬火採火式」が行われます。応募総数98通より最優秀賞に選出された炬火名の発表も行われ、陸前高田市の炬火が誕生します。
 どなたでも参加できますので、みなさんのお越しお待ちしております。

日 時  平成28年7月23日(土)午前10時00分~午前11時00分
場 所  気仙大工左官伝承館敷地内 希望の灯り前(小友町字茗荷1-237)
内 容  ・採火炬火名発表
     ・表彰式      最優秀賞(炬火名採用者)、優秀賞、佳作
     ・採火(3名)   市長、国体ビーチバレー参加代表者、炬火名採用者
     ・バルーンリリース

集火セレモニー陸前高田市代表募集 ※募集を終了しました

 10月1日(土)に北上市総合運動公園で開催される国体総合開会式において、各市町村で採火された火を一つにまとめ、「希望郷いわての火」を誕生させる「集火セレモニー」が行われます。当実行委員会では、陸前高田市代表として、集火セレモニーに出演していただける方を募集しています。
  要項  応募用紙
 ページトップへ