1. トップページ>
  2. 産業>
  3. みんなの夢AWARD in 陸前高田について

みんなの夢AWARD in 陸前高田について

陸前高田市 復興ビジネス・プロジェクト始動!
みんなの夢AWARD in陸前高田開催
並びにソーシャルマネジメントカレッジ in陸前高田開講について

 岩手県陸前高田市は、公益財団法人みんなの夢をかなえる会(所在地:東京都大田区 代表理事 渡邊美樹)と共同で、「陸前高田市復興ビジネス・プロジェクト」、みんなの夢AWARD in 陸前高田、ならびにソーシャルマネジメントカレッジin陸前高田を実施します。 具体的には、『陸前高田で、起業や新規事業(新商品開発)の夢をカタチにしたい方々の「発掘」「育成」「発表」「起業支援」を総合的にサポート」する被災地復興プログラムの象徴的なプロジェクトとして始動していきます。
 なお、みんなの夢AWARD in 陸前高田は、公益財団法人みんなの夢をかなえる会が毎年主催する、国内最大のソーシャル・イベント「みんなの夢AWARD」の地方版として、初のイベントとなります。

 公益財団法人みんなの夢をかなえる会は、公益事業として、みんなの夢となる社会の夢を仕事に、起業する「ソーシャルドリーマー」の発掘、育成、発表、起業・事業・活動など『伴走者』として活動を行っています。 具体的には、「夢を仕事に」をテーマとしたシンポジウムやセミナーの運営の他、育成としては、ソーシャルマネジメントカレッジの運営、発表は、国内最大のソーシャル・イベント「みんなの夢AWARD」を開催しております。
 さらに発表者の夢実現プロジェクトとして様々なプログラムが組まれ、社会によりよい影響を与える「ソーシャルドリーマー」を総合的にプロデュースしております。
 当公益財団代表理事の渡邊美樹は、陸前高田市復興参与として、2012年~2013年にかけて、陸前高田市復興イベントや陸前高田市シンポジウム、陸前高田市民を中心とした経営勉強会を開催しました。ワタミ創業者でもある渡邊美樹の経営や起業に関するノウハウを最大限活かし、ソーシャルマネジメントカレッジの育成プログラムを開発してきました。 なお、渡邊は、みんなの夢AWARDを主宰し、審査委員長として、陸前高田の事業者も含め数々の社会起業家、地域起業家を育成し、社会によりよい影響を与える「ソーシャルドリーマー」を多方面で輩出してきました。 また、みんなの夢AWARD2(東京都中野サンプラザで開催)では被災地陸前高田枠として2名がファイナリストとして発表し、その塾生約30名を当イベントにご招待させて頂きました。
 陸前高田に関しての活動として、みんなの夢AWARD学生事務局を運営しており、陸前高田市で、定期的に全国の大学生と地元高田高校の交流や被災地陸前高田から学びなど合宿場所として、「全国の志高き大学生の学びの拠点」として使用しており、「若者がいかに陸前高田に来たくなるか」等のテーマとしてレポート等を実施するなど、交流人口に貢献してきました。

 震災から6年がたち、ようやく陸前高田市の街も復興に向け本格化し、市内で起業や新規事業をする気運も高まりつつありました。 また、ここ数年全国各地で、地方創生を中心としたビジネスコンテストが盛んに開催されるようになりました。
 当公益財団として、公益性の高いプロジェクトとして、みんなの夢AWARDでのスキームを地方創生のビジネスコンテストでも活用できると思い、陸前高田に提案しました。
 また前回開催されました「みんなの夢AWARD7」で戸羽市長のゲスト参加や陸前高田ブース出展など連携も深めており、今回、陸前高田市とみんなの夢AWARD in陸前高田の開催が実現する事になりました。

みんなの夢AWARD in 陸前高田 実行委員会 設立について

 震災から6年、陸前高田はこれから本格的に復興が進み、市内の事業者の新規事業や市内で活動するNPOの方々、さらに陸前高田で起業や営業所を検討している方々向けに、総合的にサポートするプログラムを運営する機関として、みんなの夢AWARD in 陸前高田 実行委員会を発足しました。
 実行委員会で組成する団体やメディアを通じ、当プロジェクトの告知や案内を全国規模で広く伝えていきます。また、ビジネスプランを策定するプログラムとしては「ソーシャルマネジメントカレッジin陸前高田(ビジネス塾)」を開講します。 そしてこのビジネスプランの中から、みんなの夢AWARD in 陸前高田にて発表頂きます。
 なお、みんなの夢AWARDと同様のプログラムで実施する予定で、例えば、発表者のビジネスプランを、サポート企業が支援表明し応援していきます。 なお企業も、ただ支援活動ではなく、その事業プランとのビジネスマッチングとして表明し、陸前高田での事業を拡大できるという利点もございます。
 なお先述で少し触れましたが、みんなの夢AWARDでは、過去日本を代表する社会活動家・社会起業家を創出してきました。 なかでも、みんなの夢AWARD2では、陸前高田の事業会社「きのこのSATO」が発表され、見事グランプリを受賞、その後協賛企業の支援の下、事業を再開、拡大する事ができました。
 今回のPROJECTは、ただビジネスプランの発表だけではなく、「陸前高田で、起業や新規事業(新商品開発)の夢をカタチにしたい方々の発掘、育成、発表、起業支援をトータルサポート」していきます。

ビジネスプランについて

 ビジネスプランのテーマは自由です。陸前高田で新たな事業、起業を目指す、陸前高田の夢となるビジネスプランを募集します。 ビジネスプランでは、陸前高田の為となる社会性、陸前高田市のみなさんから得られる共感性、そしてビジネスプランの具体性、計画性を探求していきます。
 対象者は、
① 陸前高田市内で起業を考えている陸前高田市民
② 第二創業や新規事業を検討している陸前高田市内企業の経営者または幹部社員
③ 陸前高田市内で起業を考えている陸前高田市外の個人または事業者
④ 陸前高田市内に事業所設立を検討している市外企業の経営者または幹部社員
 なお、みんなの夢AWARD in陸前高田の発表希望者は、当PROJECTが実施する、ソーシャルマネジメントカレッジin陸前高田の必須授業出席が必須となります。



 陸前高田市は「みんなの夢AWARD in 陸前高田」(ビジネスコンテスト)を開催します。
 これは、単なるビジネスコンテストではなく、ミッション・ビジョン・戦略立案等に関する勉強会の開催(全7回)、個別相談(随時)、AWARD・優秀賞受賞者に対する起業支援など、起業家や新規事業を検討中の企業に対する“フルサポート・パッケージ”です。
 陸前高田市内で起業を考えている個人、新規事業や第二創業を検討している陸前高田市内の企業の皆様、ふるってご参加ください。あなたのチャレンジをお待ちしております!

ソーシャルマネジメントカレッジin陸前高田について

参加申込書 【PDF】【WORD

勉強会の内容と
スケジュール(予定)

★:必須
☆:希望者のみ

第一回 10月22日(日)13:00~17:00 講師:渡邉美樹 「企業のミッション、ビジョン、戦略の作り方」

第二回 11月17日(金)13:30~16:30 講師:中川直洋 「陸前高田の夢をカタチに」(☆:NPOや地域おこし協力隊の方)

第三回 11月17日(金)17:00~19:00 講師:藤野英人 「地方で起業するためのポイント(全国の成功事例から)」(★)

第四回 11月18日(土)10:00~12:00 講師:矢尾板俊平 「地域創生の視点からのマーケティング論」(★)

第五回 11月18日(土)13:00~15:00 講師:市職員 「陸前高田市の状況とノーマライゼーション」(☆:陸前高田市外の方)

第六回 11月28日(火)15:00~18:00 講師:青木茂雄 「事業計画書の作り方」(☆:事業計画書を作成したことがない方)

第七回 12月21日(木)13:00~17:00 講師:渡邉美樹 「事業計画に対する総評とファイナリストの発表」(★)

 メールや書類の郵送等による事業計画等に関する相談は随時受け付けます。
勉強会
参加資格
以下のいずれかに該当する方。

⑤ 陸前高田市内で起業を考えている陸前高田市民

⑥ 第二創業や新規事業を検討している陸前高田市内企業の経営者または幹部社員

⑦ 陸前高田市内で起業を考えている陸前高田市外の個人または事業者

⑧ 陸前高田市内に事業所設立を検討している市外企業の経営者または幹部社員

 起業や新規事業の内容は「ノーマライゼーション」「防災・減災」「市内の資源活用(農水産物、廃校となった校舎、古民家、観光、伝統工芸など)」「その他、陸前高田市の復興、雇用、納税、活性化等に寄与するもの」とする。

 同一企業からの参加は2名様までとさせていただきます。

みんなの夢Awardエントリー資格 勉強会参加者のうち、起業や新規事業に関する事業計画書を作成・提出した方。
参加費用 無料
勉強会定員 50名(定員を超えた場合は、先着順とさせていただきます。)
開催場所 陸前高田市コミュニティホールまたは陸前高田市役所内(予定)

講師

・渡邉美樹
・矢尾板俊平(公益財団法人みんなの夢をかなえる会理事、淑徳大学准教授)
・藤野英人(レオスキャピタル社長、一般社団法人ソーシャルビジネス・ドリームパートナーズ理事)
・中川直洋(公益財団法人みんなの夢をかなえる会専務理事)
・青木茂雄(公益財団法人みんなの夢をかなえる会)

プレゼンテーター指導

・長倉牧子(公益財団法人みんなの夢をかなえる会 理事・FMバード 代表取締役)

みんなの夢AWARD in 陸前高田 について

日程 2018年3月17日(土) 13時~16時
場所 陸前高田市コミニティーホール(シンガポールホール)
参加者 陸前高田市民 300名
協賛企業候補
(支援表明企業)
10社程度
MC 岩手放送(予定)
プレゼンテーター 5名~10名
審査委員長 渡邊美樹 他数名審査員
表彰 賞状、副賞 陸前高田市、ソーシャルビジネスファンド出資交渉権、銀行融資交渉権、各協賛企業の商品提供

「みんなの夢AWARD in 陸前高田」実行委員会について

【主催】 陸前高田市、陸前高田商工会、陸前高田市観光物産協会、一般社団法人陸前高田青年会議所、
公益財団法人みんなの夢をかなえる会(運営・プロデュース)
一般社団法人ソーシャルビジネス・ドリームパートナーズ (ファンド)
日本政策金融公庫一関支店、(株)岩手銀行高田支店
【後援】 (株)東海新報社、(株)IBC岩手放送
【協賛】 陸前高田地域の地元企業や事業活動している上場企業
【運営】 陸前高田市、公益財団法人みんなの夢をかなえる会

スタッフ
・実行委員会 会長 戸羽太陸前高田市長
・審査委員長 渡邉美樹(公益財団法人みんなの夢をかなえる会代表理事・参与)
・プロデューサー 中川直洋(公益財団法人みんなの夢をかなえる会)

ご参考 主催団体

公益財団法人みんなの夢をかなえる会について

●代表理事: 渡邉 美樹 (陸前高田参与ワタミグループ、参議院議員)
●専務執行理事: 中川 直洋
●所在地: 東京都大田区羽田一丁目1-3

●目的:主に日本国内に在住するものに対して、夢を持ち、夢の実現を支援するための事業を行う。誰もが「夢」を持ち、「夢」を追いかけ、それによって一人ひとりが自らの持つ資質を磨き高め、生き生きと暮らすことで、「夢溢れ、『ありがとう』が飛び交う社会の実現」に寄与することを目的とする。

●事業:夢を通じて行う教育環境の整備、夢を通じて行う啓発・広報、夢を通じて行う若者の起業、事業及び仕事の支援、その他この法人の目的を達成するために必要な事業、事業は、本邦及び海外において行うものとする。
主力事業としては、「みんなの夢AWARD」、「ソーシャルマネジメントカレッジ」を運営

一般社団法人ソーシャルビジネス・ドリームパートナーズ

●代表理事: 渡邉 美樹
●専務執行理事: 中川直洋
●所在地: 東京都大田区羽田一丁目1-3

●目的:グラミン銀行創始者で2006 年にノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス 氏が提唱する「ソーシャル・ビジネス」に基づき、設立しました。
当法人は、日本国において、下記の理念に基づいた「ソーシャル・ビジネス」の育成・支援を行い、 社会的問題の解決に寄与することを目的としています。
<ソーシャル・ビジネスの7原則>

    1.経営目的は、利益の最大化ではなく、人々や社会を脅かす貧国、教育、健康、情報アクセス、環境といった問題を解決する事である。

    2.財務的・経済的な持続可能性を実現する

    3.投資家は投資額のみを回収できる。投資の元本を超える配当は行われない。

    4.投資額を返済して残る利益は、会社の拡大や改善のために保留される。

    5.環境に配慮する。

    6.従業員に市場賃金と標準以上の労働条件を提供する。

    7.楽しみながら取り組むこと。

●事業内容:
(1)ソーシャル・ビジネスへの資金調達支援
    ソーシャル・ビジネスで、世界の社会的課題の解決に取り組む企業へ出資を行います。
(2)ソーシャル・ビジネスへの経営支援
    ソーシャル・ビジネスに取り組む企業への出資と共に、経営に関するコンサルティングを行います。
(3)ソーシャル・ビジネスセミナーの開催及び出張講演の実施
    ソーシャル・ビジネスの普及啓発を目的とし、セミナーやシンポジウムの開催や出張講演を行います。
(4)日本一の夢の祭典 みんなの夢AWARDを共催
    ソーシャルビジネス・ドリームパートナーズでは、夢と仕事をつなげ、人と社会をつなげる。
日本一の夢の祭典「みんなの夢AWARD」を共催しています。
「ソーシャルビジネス部門」にて選ばれた方には、出資を含めたサポートを検討していきます。

問い合わせ先

尾形・望月(陸前高田市役所商工観光課内) TEL:0192-54-2111
 ページトップへ