1. トップページ
  2. >
  3. 産業
  4. >
  5. 新ブランド米「たかたのゆめ」

新ブランド米「たかたのゆめ」

「たかたのゆめ」とは

JT(日本たばこ産業株式会社)が「いわた13号」という品種名称で開発・保有していた種を復興支援の一環として、権利も含めて市に寄贈した新種米。
 陸前高田市でしか作付けされていないオリジナルブランド米であり、津波で甚大な被害を受けた農業の復興のシンボルとして、地域ブランド米としての確立を目指しています。

「たかたのゆめ」の誕生

 粘りや食味の良さに定評がある「ひとめぼれ」と、「あきたこまち」に由来し、いもち病などに強い「いわた3号」を交配し、品種改良を経て「いわた13号」として「たかたのゆめ」は開発されました。

「たかたのゆめ」の原種がJTから寄贈

「たかたのゆめ」の名前の由来

「たかたのゆめ」というブランド名は、平成24年に全国公募し、169点の応募作品の中から、
「被災地からみんなで夢を追いかけ、夢を乗せ、期待を乗せた」思いを込めた名前として決定しま
した。
「たかたのゆめ」の名前の発表

「たかたのゆめ」の特長

 
 東北の気候に適している品種で、茎が丈夫で倒れにくく、病気に強いという特性があり、低農薬での栽培が可能です。
 炊いたお米は、つややかな見た目とすっきりとした甘味、もっちりとした粘り気のある食感が特長です。さらに、冷めてもおいしく、炊飯後時間をおいてから食べるお弁当やおにぎりなどにも適したお米です。

「たかたのゆめ」のおいしさ

 「たかたのゆめ」の炊飯試験を行い、岩手県産の「ひとめぼれ」と比較したところ、「たかたのゆめ」は、やや柔らかめですが、粘りとのバランスも良く、また、冷めた時にもご飯が硬くなりにくく、美味しさもそのままです。食味においても高い水準にあり、数値からも「ひとめぼれ」に引けを取らない美味しさを実証することができます。
 このおいしさが評価され、平成27年3月、一般社団法人おにぎり協会から「おにぎり協会認定食材第1号」の認定をいただきました。
 認定理由として、「大粒でしっかり粒感があり、さっぱりと滋味ある味わいで、あらゆる具材と相性がいい。冷めてからの食感があまり変化せず、冷めてもおいしい、おにぎりの特性を活かすコメである。」とのコメントをいただいています。

(資料提供:全国農業協同組合連合会岩手県本部)

「たかたのゆめ」の作付け状況

 「たかたのゆめ」の作付けは年々広がってきています。
 平成28年度は、市内51農家(団体)が55ヘクタールで作付けしています。作付け面積の4分の3にあたる42ヘクタールが復旧田です。

作付け農家数 作付け面積(ha) 収量(t)
平成25年 12 11.0 33
平成26年 24 50.0 260
平成27年 34 49.0 202
平成28年 51 52.0 197
平成29年 46 56.6 240(目標)
 「たかたのゆめ」は化学肥料や農薬を抑えた方法で栽培しているため、土を入れ替えて復旧した水田では、土づくりの難しさのために収穫量が不安定になりがちで、27年度は、残念ながら26年度の8割の収穫量となってしまいました。
 しかしながら、「陸前高田の水田で、もう一度お米を作りたい、夢と希望を乗せたお米になってほしい」という農家の願いを込めて丁寧に栽培されています。

「たかたのゆめ」のあゆみ

年次 内容
平成11年 JTの「アグリ事業部」が開発
平成14年 12月 「いわた13号」として品種登録
平成20年 12月 JTの「アグリ事業部」の事業撤退に伴い、品種登録を抹消
平成24年 4月 「いわた13号」の権利及び原種2.5キログラムがJTから市に寄贈
市内農家の金野千尋氏が種籾2.5キログラムで育苗を行う
6月3日 市内で田植えを実施(15アール)
9月25日 市内で稲刈りを実施(約600キログラムを収穫)
10月9日 市役所で食味会を開催
11月14日 東京都内で食味会及び「たかたのゆめ」命名発表会を開催
商標登録を出願
11月26日 産地品種銘柄登録を申請
平成25年 3月29日 産地品種銘柄登録
4月12日 商標登録
5月30日 市内で田植え式を開催(市内10.5ヘクタールで作付け)
6月30日 東京都内の森虎農園で田植えを実施(0.3アール)
10月5日 市内で稲刈りイベントを開催(市内で約33トンを収穫)
10月17日 東京都内の森虎農園で稲刈り及び試食会を開催
平成26年 2月17日 市内及び住田町内の小中学校の学校給食で「たかたのゆめ」を提供
5月18日 市内で田植え式を開催(市内54ヘクタールで作付け)
9月15日 市内で稲刈り式を開催(市内で260トンを収穫)
9月16日 市内で新米食味会を開催
市内の米崎保育園の給食で「たかたのゆめ」を提供
11月5日 横浜市立青葉台小学校に「たかたのゆめ」の新米を寄贈
11月12日 東京都内のヤフー株式会社の社員食堂BASE6で食味会を開催
11月17日 「たかたのゆめ」ブランド化研究会を設立
11月18日 市内及び住田町内の小中学校の学校給食で「たかたのゆめ」を提供(毎月1回実施)
12月1日 たかたのゆめ幕の内弁当販売開始(平成27年5月まで期間限定)
平成27年 1月26日 市内でおかずレシピ発表会を開催
3月11日 「おにぎり協会認定食材」第1号認定
5月11日 東京都パソナ本社ビル内「アーバンファーム」にて田植え式を開催
5月16日 東京都内の豊洲公園で「豊洲パエリア」の食材として採用
5月24日 市内で田植え式を開催(市内で52ヘクタールで作付け)
6月12日 横浜市立相武山小学校の体験学習のテーマとして採用
7月1日 再開した陸前高田市ふるさと納税の返礼品として採用
9月27日 市内で稲刈り式を開催(市内で202トンを収穫)
9月29日 東京都内丸の内トラストシティにて「たかたのゆめウィークス」開催
9月29日 静岡県磐田市で「たかたの夢物語」企画展を開催
10月30日 TBS系列「世界ふしぎ発見!」にて「たかたのゆめ」紹介
11月7日 東京都 JAPAN HARVESTイベントにて小学生による「日本を代表するお米料理」開発ブースの食材として採用
11月7日 名古屋市農業センターまつりにて「たかたのゆめ」産直市を開催
11月10日 東京都内のヤフー株式会社の社員食堂BASE6で食味会を開催
11月25日 NHK-BSプレミアム「きらり!えん旅」にて「たかたのゆめ」ブランド化研究会の活動を紹介
平成28年 3月11日 名古屋市の中学校給食「スクールランチ」及び名古屋市役所食堂にて「たかたのゆめ」を提供
3月26日 新ご当地グルメ「陸前高田ホタテとワカメの炙りしゃぶしゃぶ御膳」デビュー(食材として採用)
5月13日 東京都JR高田馬場駅前にて「たかたのゆめをみんなでつくろう」@高田馬場イベント開催(小学生他100名参加)
5月14日 東京都内の豊洲公園で昨年に引き続き「豊洲パエリア」の食材として採用
5月29日 市内で田植え式を開催、130名が参加(市内55ヘクタールで作付け)
6月9日 横浜市立飯島小学校の体験学習のテーマとして採用
7月12日 シンガポールで開催された陸前高田特産物食味会で提供
7月15日 たかたのゆめファン通信(第1号)を発行
10月2日 市内で稲刈り式を開催、120名が参加
11月7日 JR盛岡駅で新米試食販売会及びホテル東日本盛岡で食味会を開催
11月15日 東京都内のヤフー株式会社社員食堂にて食味会を開催
12月5日 たかたのゆめファン通信第2号発行
3月23日 たかたのゆめファン通信第3号発行
8月8日 たかたのゆめファン通信第4号発行

「たかたのゆめ」の販売・提供

 「たかたのゆめ」は、市内のスーパーマーケット、産直施設、飲食店などで取り扱いがされています。
 また、市外の一部の百貨店、米穀店、スーパーマーケット、店頭以外でも、インターネット販売で取り扱いがされています。詳細については、農林課たかたのゆめ係までお問い合わせください。

 平成28年3月、新ご当地グルメ「陸前高田ホタテとワカメの炙りしゃぶしゃぶ御膳」に採用されました。市内4店舗で提供されています。
 市内の「たかたのゆめ」を提供・販売する店舗には、目印として「のぼり旗」が 設置されているところがありますので、是非ご利用いただき、「たかたのゆめ」を味わってみてください。

関連リンク

陸前高田ホタテとワカメの炙りしゃぶしゃぶ御膳
「たかたのゆめ」販売・提供店舗

「たかたのゆめ」の商標使用申請

 「たかたのゆめ」の名称及びロゴマークは、陸前高田市の登録商標です。これらを使用する場合は、報道目的の場合を除き、申請が必要となります。ご使用の際には事前に農林課たかたのゆめ係までご相談ください。

「たかたのゆめファン通信」の発行

 たかたのゆめに関するイベントなどの情報発信のために「たかたのゆめファン通信」を発行します。平成28年度は年3回発行です。
 
 たかたのゆめファン通信第4号(平成29年8月発行)
 たかたのゆめファン通信第3号(平成29年3月発行)
 たかたのゆめファン通信第2号(平成28年12月発行)
 たかたのゆめファン通信創刊号(平成28年7月発行)

問い合わせ先

陸前高田市農林水産部農林課たかたのゆめ係
TEL:0192-54-2111(内線476)
FAX:0192-54-3888
 ページトップへ