1. トップページ>
  2. 産業>
  3. 広田湾産イシカゲ貝

広田湾産イシカゲ貝

広田湾産イシカゲ貝

東日本大震災から復興した 幻の貝

世界三大漁場三陸・広田湾

 陸前高田市広田湾は世界三大漁場三陸海岸の1つとして海産資源が豊かな漁場として有名で、牡蠣は築地市場でも最高評価を受け、わかめやホタテなどもその品質が高く評価されています。
 内湾では清流気仙川から流れる山の栄養分、そして、外湾では親潮と黒潮の栄養が混ざり合う海域で高品質の海産物が育ちます。

イシカゲ貝(蝦夷石陰貝)とは

 身はきれいなクリーム色をし、甘みと旨味が強くとても美味。殻長は6㎝前後の大きめの高級二枚貝で、例年7月頃より出荷されます。タウリン、グリシン、アルギニンをはじめとした栄養素を豊富に含んでいます。

広田湾でのイシカゲ貝のあゆみ

 広田湾では平成7年から養殖技術の確立に注力し、平成8年に全国で初めてイシカゲ貝の養殖事業化を実現。生産量は平成22年に37tにまで増加を続けましたが、平成23年に発生した東日本大震災ですべての養殖施設・イシカゲ貝が流出しました。しかし、漁家の懸命の努力により再度稚貝の採捕に成功。養殖施設を復旧、出荷を再開し平成28年度には生産量58tに増産し、平成31年度には生産量100tを目指しています。
 イシカゲ貝は、広田湾が国内で唯一の養殖産地となっていることから「幻の貝」と呼ばれており、陸前高田市の特産となっています。

「広田湾産イシカゲ貝」の販売・提供

 「広田湾産イシカゲ貝」は築地市場に卸され、全国の高級料亭、割烹料理店、寿司屋で提供されています。
 また、広田湾漁業協同組合のインターネット販売でもお買い求めいただけます。
 詳細については、広田湾漁業協同組合までお問い合わせください(0192-56-4041)。
 ページトップへ