1. トップページ
  2. >
  3. 選挙
  4. >
  5. 衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査
  6. >
  7. 衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査のお知らせ

衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査のお知らせ

投票日 10月22日(日)午前7時~午後7時

 9月28日に衆議院が解散したことにより、10月22日に衆議院議員総選挙が行われ、これにあわせて最高裁判所裁判官国民審査も行われます。
 投票は、午前7時から午後7時まで、市内25か所の投票所で行われます。
 あなたの大切な一票です。棄権せず、必ず投票しましょう。
 また、投票日に投票所へ行けない人は、期日前投票または不在者投票をしましょう。

衆議院小選挙区の区割りが変更となります

 一票の較差を是正するため、小選挙区の区割りが変更となり、今回の選挙から適用されます。
 当市においては、これまで岩手第3区だった選挙区が、岩手第2区に変更となります。

今回選挙から気仙投票区の投票所が2か所になります

 これまで気仙投票区として漁村センター(長部地区コミュニティセンター)で投票を行ってきましたが、市営住宅今泉団地の集会所を新たに投票所として設置します。
 これにより、気仙投票区は投票所が2か所となるため、お手元に届く入場券を確認のうえ、投票してください。

投票できる人は

 今回の選挙で投票できる人は、本市に居住している平成11年10月23日以前に生まれた人です。
 ほかの市町村から転入してきた場合、平成29年7月9日までに転入の手続きを済ませ、引き続き居住していることが必要です。
 市内で転居した人で、平成29年9月30日以降に転居の届出をした人は、転居前住所地の投票所での投票になります。

3種類の投票を行います

 候補者名で投票する「小選挙区選出議員選挙」、政党名で投票する「比例代表選出議員選挙」、やめさせた方がよいと思う裁判官に×印をつける「最高裁判所裁判官国民審査」の3種類の投票を行います。

入場券を忘れずに

 入場券は、10月11日ごろに郵便で皆さんのお手元に届く予定です。
 入場券には氏名や住所・性別・投票所などが記載されています。届いたらすぐに記載内容を確認し、間違っているところがあった場合は、選挙管理委員会まで連絡してください。
 入場券は、投票日まで大切に保管し、当日は忘れずに持参してください。
 なお、入場券を紛失した場合や入場券がない(届かない)場合でも、本人確認をした上で投票できますので、当日投票所の受付に申し出てください。

学生の皆さんはご注意を

 学生などで、本市に住民登録をしていても、実際には、ほかの市町村に居住している人は、住所がないと判断され、投票できない場合がありますので、注意してください。

期日前投票・不在者投票について

 投票日に投票所に行くことができない人のために、期日前投票と不在者投票の制度があります。
 期日前投票では投票日と同じように期日前投票所で投票できます。
 期日前投票所は、高田地区コミュニティセンターの2階となりますが、エレベーターにより車いす等でも容易に投票できます。
 不在者投票では投票用紙を封筒に入れ、封筒に署名し投票することになります。
 投票日に投票所に行くことができない人は、早めに投票を済ませましょう。

期日前投票ができる人は

 投票日に次のような理由で投票所に行くことができない人は、期日前投票を行うことができます。
  ・仕事やレジャー、冠婚葬祭などが予定されている人
  ・用務や事故などで自分の投票区の区域外にいる人
  ・病気やケガ、出産などのため歩行が困難な人
 ただし、投票する時点でまだ17歳の人については、期日前投票ではなく不在者投票をすることになります。
 入場券が配布された人は入場券を持参してください。
 また、入場券が配布される前でも本人確認をした上で投票できます。

期日前・不在者投票の時間と場所
期間 平成29年10月11日(水)~平成29年10月21日(土)
時間 午前8時30分~午後8時
場所 高田地区コミュニティセンター(陸前高田市コミュニティホール)2階大会議室

市外に滞在・一時避難している人は

 出稼ぎや出張などのため、ほかの市町村に長期滞在している人で、投票日に本市で投票できない人は、滞在している市町村の選挙管理委員会で不在者投票ができます。
 また、震災により市外に避難している人で、投票日に本市で投票できない人は、本市で期日前投票または避難先の市町村選挙管理委員会で不在者投票ができます。
 ただし、避難先に住民登録を移した人で、避難先の市町村の選挙人名簿に登録されている人は、本市では投票できません。
 不在者投票をする場合は、陸前高田市選挙管理委員会委員長あてに直接または郵便で投票用紙を請求してください。本人の意思に基づき代理人が請求することもできます。
 請求に基づき本人あてに投票用紙を郵送しますので、滞在先または避難先の市町村の選挙管理委員会に持参して投票してください。郵送のため日数がかかりますので、手続きは早めに行ってください。

身体に障がいのある人は

 身体障害者手帳または戦傷病者手帳の交付を受けている人や介護保険の要介護認定を受けている人で、その障がい(要介護)の程度が一定の基準にあてはまる人は、郵便等による不在者投票ができます。
 郵便等で投票する場合は、事前に郵便等投票証明書の交付を受け、投票用紙を請求する際は、その証明書を添えて行わなければなりません。
 投票用紙の請求は、投票日の4日前(10月18日)までに行う必要があります。
 証明書には有効期限がありますので、期限が切れている場合は、改めて証明書の交付を受けてください。
 また、上肢または視覚の障がいの程度が一定の基準にあてはまる人は、あらかじめ選挙管理委員会に届出をした代理記載人に、代理投票をさせることができます。代理記載人の届出は、事前に手続きを済ませる必要があります。早めに手続きをしてください。

◆郵便等による不在者投票ができる人
区分 障害(要介護)程度
身体障害者手帳 両下肢、体幹、移動機能の障害 2級以上
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害 1級若しくは3級
免疫、肝臓の障害 3級以上
戦傷病者手帳 両下肢、体幹の障害 詳細は選挙管理委員会へお問い合わせください。
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障害
介護保険被保険者証の要介護状態区分 要介護5

病院などに入院(所)している人は

 不在者投票所の指定を受けている病院や老人ホームなどに入院(所)している人は、その施設で不在者投票ができますので、入院(所)している施設に確認してください。

開票状況の参観

 開票は、午後8時15分から市立高田小学校体育館で行います。本市の有権者は、この開票状況を参観できます。参観を希望する人は、必ずスリッパなどの上履きを持参してください。入場は午後7時30分からです。
 なお、会場の都合により、参観できる人は先着順で30人までです。

◆投票所一覧(投票時間は午前7時から午後7時まで)
投票区 投票場所
高田第1投票区 市立高田小学校
高田第2投票区 高田町和野会館
高田第3投票区 高田町小泉公民館
高田第4投票区 市立第一中学校
気仙第1投票区 市営住宅今泉団地集会所
気仙第2投票区 漁村センター(長部地区コミュニティセンター)
広田第1投票区 市立広田小学校
広田第2投票区 広田町中沢浜公民館
広田第3投票区 広田町大陽公民館
広田第4投票区 広田町小袖公民館
広田第5投票区 広田町根岬集会所
小友第1投票区 ふるさとセンター(小友地区コミュニティセンター)
小友第2投票区 小友町矢の浦公民館
米崎第1投票区 旧市立高田東中学校
米崎第2投票区 米崎町和方会館
米崎第3投票区 自然環境活用センター(米崎地区コミュニティセンター)
矢作第1投票区 矢作多目的研修センター(矢作地区コミュニティセンター)
矢作第2投票区 下矢作多目的研修センター(下矢作地区コミュニティセンター)
矢作第3投票区 生出多目的集会センター(生出地区コミュニティセンター)
矢作第4投票区 矢作町小黒山公民館
矢作第5投票区 雪沢地域文化伝承会館
竹駒投票区 定住促進センター(竹駒地区コミュニティセンター)
横田第1投票区 横田町第2区部落会館
横田第2投票区 横田基幹集落センター(横田地区コミュニティセンター)
横田第3投票区 横田町第6区町内会館
下線部分が変更となった投票区、投票所

◆気仙投票区及び区域
投票区 投票場所 投票区の区域
気仙第1 市営住宅今泉団地 集会所 行政区による1区~7区
気仙第2 漁村センター
(長部地区コミュニティセンター)
行政区による8区~14区
入場券に記載されている投票場所をご確認のうえ、投票してください。

◆市営住宅今泉団地
 ページトップへ