1. トップページ
  2. >
  3. 出産・育児
  4. >
  5. 予防接種

予防接種

 市では子どもの健康を守るために、さまざま予防接種を行っています。予防接種の種類と接種間隔等が異なりますので、医療機関と相談しながら受けるようにしましょう。
 予防接種の案内は出生時に、ヒブワクチン・小児用肺炎球菌・4種混合・BCGの予診票を同時に送付しています。
 その他の予防接種は、対象年齢になりましたら個別に案内をします、送付された説明書等をよく読んで理解した上で、接種を受けるようにしましょう。
定期接種(小学校入学前に受ける予防接種)
予防接種名 対象者 回数 接種間隔
ヒブワクチン 接種開始時期が生後2ヵ月~7ヵ月未満 初回3回 生後12ヵ月に至るまでの間に、27日以上の間隔をおいて3回
追加1回 初回接種終了後7ヵ月以上の間隔をおいて1回
接種開始時期が生後7ヵ月~1歳未満 初回2回 生後12ヵ月に至るまでの間に、27日以上の間隔をおいて2回
追加1回 初回接種終了後7ヵ月以上の間隔をおいて1回
接種開始時期が生後1歳~5歳未満 1回
小児用肺炎球菌 接種開始時期が生後2ヵ月~7ヵ月未満 初回3回 生後24ヵ月に至るまでの間に、27日以上の間隔をおいて3回
追加1回 初回接種終了後60日以上の間隔をおいた後であって、生後12ヵ月に至った日以降に1回
接種開始時期が生後7ヵ月~1歳未満 初回2回 生後12ヵ月に至るまでの間に、27日以上の間隔をおいて2回
追加1回 初回接種終了後60日以上の間隔をおいた後であって、生後12ヵ月に至った日以降に1回
接種開始時期が生後2歳~5歳未満 1回
4種混合
(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)
生後3ヵ月~7歳6ヵ月未満 1期初回3回 20日以上の間隔をおいて3回
1期追加1回 1期初回接種終了後、6ヵ月以上の間隔をおいた後に1回
BCG 1歳未満 1回
水痘ワクチン 生後12ヵ月~36ヵ月未満 2回 1回目は生後12ヵ月~15ヵ月、2回目は1回目接種後6ヵ月~12ヵ月の間隔をおいて
麻しん風しん混合ワクチン
(MR)
生後12ヵ月~24ヵ月未満 1期1回
満5歳以上7歳未満
(就学前1年間)
Ⅱ期1回
日本脳炎(第1期) 3歳~5歳 1期初回2回 6日以上の間隔をおいて2回
1期追加1回 1期初回接種終了後、6ヵ月以上の間隔をおいた後に1回

定期接種(小学校入学以降に受ける予防接種)
予防接種名 対象者 回数 接種間隔
日本脳炎(第Ⅱ期) 9~13歳未満 1回
二種混合
(ジフテリア・破傷風)
小学校6年生 1回
子宮頸がん予防ワクチン 中学1年生~高校1年生の年齢に相当する女子 3回 サーバリックス:1月以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から5月以上おいた後に1回
ガーダシル:1月以上の間隔をおいて2回接種した後、2回目の接種から3月以上おいた後に1回

子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種勧奨を差し控えています

 平成25年6月14日に開催された厚生労働省の第2回厚生化学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会において、子宮頸がん予防ワクチンの副反応報告について審議が行われました。
 この結果、ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な疼痛が子宮頸がんワクチン接種後に、特異的に見られたことから、副反応の発生頻度等がより明らかになるまでの間、子宮頸がんワクチンの定期接種を積極的に勧奨しないよう、厚生労働省から勧告がありました。
 本市においても、厚生労働省健康局長の勧告通知に基づき、子宮頸がんワクチンの接種につきましては、積極的な接種勧奨を差し控えることとしましたのでお知らせします。

任意予防接種

ロタウイルス胃腸炎予防ワクチン費の助成について(任意接種)

 市では、ロタウイルス胃腸炎予防ワクチンをする際の費用を全額助成します。接種を希望する場合は、出生時に送付される、予防接種のお知らせに同封されている説明書をよく読んで、予防接種の効果や副反応について十分理解していただき、医師と相談のうえ接種してください。
任意接種とは、予防接種法に基づかない予防接種で、保護者の希望により接種するものです。

ロタウイルス胃腸炎予防ワクチンについて

 ロタウイルスワクチンは、シロップ状の飲むワクチンで国内では現在2種類のワクチンが使用されています。ワクチンの種類によって対象月齢や接種回数が異なりますので、医師と相談のうえ早めにスケジュールを組んで接種してください。
ワクチン名 ロタリックス(1価) ロタテック(5価)
接種回数 2回 3回
接種期間 生後6週~24週未満 生後6週~32週未満
接種間隔 4週間以上間隔を空けます。

どちらのワクチンも1回目はできるだけ生後14週までに接種することが推奨されています。
ロタウイルスワクチンは生ワクチンです。接種後他の予防接種を受ける際は4週間(27日)以上の間隔をあけてください。


気仙管外で予防接種を受ける場合
 ・里帰り等で、県外または気仙管外で予防接種を受ける際は依頼書が必要になります。保健課までご相談ください。
(平成26年6月10日時点)

お問い合わせ先:0192-54-2111(保健課保健係/内線241・242・243)
 ページトップへ