1. トップページ
  2. >
  3. 届け出・証明発行・各種申請
  4. >
  5. 住所の異動

住所の異動

転入届

 他市町村から陸前高田市にお引越しされる場合のお届けです。

持参するもの

・前住所地からの転出証明書(住基カードを継続利用する旨を前住所地の市町村に届出している場合は住基カード)
住基カードの継続利用を希望する場合の手続きはこちらをご覧ください。
・本人の確認ができるもの(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
・印鑑

転入届の期間

お引越しされた日から14日以内に届け出てください。
転入届出用紙はこちらです。(市民課窓口にも備え付けてあります)
 ページトップへ 

転出届

 陸前高田市から他市町村へお引越しされる場合のお届けです。

窓口での受付

窓口で手続きをする場合には以下のものをお持ちください。
・本人の確認ができるもの(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
・印鑑
・国民健康保険証
・印鑑登録証
・住基カード(お持ちの方のみ)
住基カードの継続利用を希望する場合の手続きはこちらをご覧ください。
窓口申請用の転出届出用紙はこちらです。(市民課窓口にも備え付けてあります)

郵送での受付

直接窓口にお越しいただけない方は郵送で手続きすることができます。
郵送による転出届
住基カードの継続利用を希望する場合の手続きはこちらをご覧ください。
 ページトップへ 

転居届

 陸前高田市内でお引越しされる場合のお届けです。お引越しされた日から14日以内に届け出をしてください。

持参するもの

・本人の確認ができるもの(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
・印鑑
転居届出用紙はこちらです。(市民課窓口にも備え付けてあります)
 ページトップへ 

住民基本台帳法の一部改正について

7月9日から住民基本台帳法の一部が改正されました

 平成21年度に「住民基本台帳法」の一部が改正され、その改正法が平成24年7月9日から施行されました。主な改正内容は以下のとおりです。
 他の市町村へ住所を異動した場合でも、引き続き住民基本台帳カード(住基カード)を利用することができます
 市町村間をまたがる異動(転入、転出)があった場合、これまでは住民基本台帳カード(以下住基カード)は自動的に廃止となり、転入先の市町村で新たに発行手続きをすることとなっていましたが、7月9日からは引き続き利用することができます。ただし、引き続き利用できるのは、7月9日時点で有効な住基カードのみとなります。
 転出届の際には必ず、住基カードを引き続き利用したい旨を申し出てください。また、転入地では必ず住基カードを提示してください。
 なお、公的個人認証サービスで発行された電子証明書は継続利用できませんので、転入先で新たに手続きが必要です。

 外国人住民の方にも住民票が作成されました
 これまでは日本国内に在住する外国人の方については「外国人登録法」によって外国人登録原票が作成され、各市町村はこの原票によって在住する外国人の方の情報を把握していましたが、7月9日からは外国人の方についても「住民基本台帳法」が適用されるため、日本人と同じく住民票の交付を受けることができるようになりました。
 なお、外国人の方についても住所の異動の際には窓口で届出が必要となりますのでご留意願います。

住基カードとは・・・住民基本台帳カード(住基カード)は,住民登録地の市町村で希望者に発行されるもので,住民票に記載された氏名,住所などが記録され,高度なセキュリティ機能を備えたICカードです。また、顔写真付きの住基カードは本人確認書類として利用できます。ICカードは、暗号化した情報が記録されている領域に鍵をかけることによってプライバシーを守ります。

外国人住民の方については住基カードが発行できるようになるのは平成25年7月8日からとなります。

公的個人認証サービスとは・・・公的個人認証サービスとは、インターネットを通じて安全・確実な行政手続き等を行うために、他人によるなりすまし申請や電子データが通信途中で改ざんされていないことを確認するための機能を住民に対して提供するものです。おもに確定申告の際に利用されています。

 ページトップへ