1. トップページ
  2. >
  3. 届け出・証明発行・各種申請
  4. >
  5. 住所の異動
  6. >
  7. 住基カードの継続利用を希望する場合の手続きについて

住基カードの継続利用を希望する場合の手続きについて

今までの住基カードは他市町村に転出すると廃止になっていましたが、平成24年7月9日からは他市町村に転出されても継続して利用することができるようになりました。
住基カードの継続利用を希望する場合の転入届を、転入届の特例といいます。

転出届の際の注意

・住基カードの継続利用を希望する旨を窓口でお話しください。
転出届を郵送で出される場合には継続利用を希望する旨と、電話番号を必ず記入してください。
住基カードの継続利用を希望する転出届
・転出前または転出後14日以内の届け出の場合のみ、継続利用の対象となります。
・転出証明書の交付はありません。住基カードが転出証明書の代わりになります。転入届の際には必ず住基カードを持参してください。

転入届の特例の際の注意

・継続利用を希望される方全員の住基カードを持参してください。
・継続利用の手続きには住基カードの暗証番号が必要になります。

・引っ越しした日から14日以内の届け出が必要です。14日以上経過すると、前住所地から発行された転出証明書が必要となり、住基カードの継続利用はできません。

その他

・同じ世帯員で異動される方の中に住基カードの交付を受けている方が一人でもいらっしゃれば、全員の転出届がこの方法で可能です。
・転入届の際、転入先において同一世帯の方であれば、住基カードを持参の上、代理人の方でも手続きが可能です。
・住基カードの名義人以外の方が転入届の特例のお届けをされる場合は、前もって名義人の方に暗証番号を確認しておいてください。
 ページトップへ