1. トップページ
  2. >
  3. 自閉症啓発デーにおける「奇跡の一本松ブルーライトアップの実施について」

自閉症啓発デーにおける「奇跡の一本松ブルーライトアップの実施について」

「世界自閉症啓発デー」について

 毎年4月2日は、国連の定めた「世界自閉症啓発デー」です。
 平成19年の国連総会で決定されており、社会全体で自閉症の理解が進むよう、全世界で取り組みが行われています。
 日本では、4月2日から8日までの1週間を発達障がい啓発週間とし、自閉症をはじめとする発達障害への理解促進のための啓発活動を行っています。「世界自閉症啓発デー」は、世界各地のシンボルを「癒し」や「希望」などを表すブルーでライトアップすることで、自閉症の理解促進、応援のためのメッセージを発信しています。
 本市のシンボルである奇跡の一本松も、誰もが暮らしやすい共生社会を願って、ブルーライトアップを行います。
 なお、ライトアップの時間帯は復興祈念公園の閉園時間中であるため、遠景をご覧ください。

 日時:4月2日(木)、午後5時半~午後8時半

発達障害について

 発達障害は、脳機能の発達が関係する障害です。発達障害の特徴に、コミュニケーションや対人関係をつくるのが苦手などがありますが、見た目にはわかりにくい障害であるため、家族や周囲の方々から理解されにくいことがあります。自閉症を含む発達障害について、正しく理解し、多様性を認めることで、誰もが安心して暮らすことのできるノーマライゼーションという言葉のいらないまちの実現につながるものと考えています。

問い合わせ先

 市役所 保健福祉課(内線213) 子ども未来課(内線202)


奇跡の一本松をライトアップ 4月2日は、世界自閉症啓発デー
自閉症啓発デー日本実行委員会《公式サイト》
 ページトップへ