1. トップページ>
  2. 市政情報
  3. >
  4. 「ふるさと納税」について
  5. >
  6. 市長からのメッセージ

市長からのメッセージ



陸前高田市長 戸羽 太

 平成27年7月から再開いたしましたふるさと納税「陸前高田がんばっぺし応援寄附金」も3年が経過し、これまで全国の多くの皆様からご寄附と温かいメッセージを頂戴しておりますことに心より感謝申し上げます。
 本市は、東日本大震災により被災し、基幹産業である水産業をはじめ、農林業、商工業なども壊滅的な被害を受けましたが、全国の皆様からのご支援を賜りながら、一日も早い復興を目指し市民とともに各種事業に取り組んでまいりました。
 昨年4月には、新たな中心市街地に大型商業施設「アバッセたかた」がオープンし、また事業所も再建されてきており、ふるさと納税の再開による新たな販路が生まれるなど、賑いが戻ってきております。
 ふるさと納税に関わっている生産者・事業者の方々は、寄附をしていただいた皆様に直接、お礼品をお届けすることにより、生産する喜びなどを直接感じることで、それぞれの意識も変わり、新たな商品開発などに取り組んでおります。
 また、本市では障がいのある方や高齢者の方など誰もが安心して暮らせる、ノーマライゼーションやバリアフリーを意識する必要のない社会「ノーマライゼーションという言葉のいらないまちづくり」の実現を目指しており、ふるさと納税のお礼品の梱包・発送業務において、障がいを持っている方々にお手伝いいただいているほか、高齢者の方々にお礼品の集荷をお願いするなど、就労支援拡大にもつながっております。
 陸前高田市の復興はまだ道半ばで、課題もたくさんありますが、早期の復興事業の完成を目指し、引き続き市民一丸となって邁進してまいりますので、今後とも末永いご支援を賜りますようお願い申し上げます。
 ページトップへ