○陸前高田市立学校施設使用料条例

昭和30年3月5日

条例第38号

第1条 陸前高田市教育委員会の所管に属する公立学校施設を願いでて使用するものはこの条例の定めるところによる。

第2条 公立学校校舎の教室、講堂、屋内運動場、屋外運動場及び校庭を使用しようとする者は次の事項を記載し管理者に申出て許可を得なければならない。

(1) 使用日時

(2) 使用物件及び坪数又は面積

(3) 使用目的

第3条 前条に規定する物件の使用を許可された者は別表の区分による使用料を陸前高田市会計管理者に納付しなければならない。ただし、公用及び公益の目的をもって使用する場合は、使用料を減額又は免除することができる。

第4条 既納の使用料はこれを還付しない。ただし、教育長において使用許可を取消し、又は不可抗力により使用することを得ないときは既納使用料の全部若しくはその一部を還付することができる。

第5条 第2条により使用許可を受けた者といえども使用中に営造物の毀損若しくは滅失をなしたときは何人の過失所為なるを問わず使用者において賠償するものとする。

第6条 この条例の施行に関し必要な事項は教育委員会規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和40年6月30日条例第18号)

この条例は、昭和40年8月1日から施行する。

附 則(昭和49年3月22日条例第13号)

この条例は、昭和49年4月1日から施行する。

附 則(昭和51年12月22日条例第25号)

この条例は、昭和52年3月1日から施行する。

附 則(平成19年3月28日条例第1号)

(施行期日)

1 この条例は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際現に在職する収入役は、その任期中に限り、なお従前の例により在職するものとする。

3 前項の場合においては、この条例による改正後の陸前高田市監査委員に関する条例第3条、陸前高田市特別職報酬等審議会条例第2条及び陸前高田市立学校施設使用料条例第3条の規定は適用せず、改正前の陸前高田市監査委員に関する条例第4条、陸前高田市特別職報酬等審議会条例第2条及び陸前高田市立学校施設使用料条例第3条の規定は、なおその効力を有する。この場合において改正前の陸前高田市特別職報酬等審議会条例第2条中「助役」とあるのは「副市長」とする。

別表

区分

使用料

屋内運動場(講堂)

500平方メートル未満

800円

1,200円

500平方メートル以上

1,000円

2,000円

教室

1教室につき

300円

500円

屋外運動場(校庭)

5,000平方メートル未満

500円

5,000平方メートル以上

1,000円

陸前高田市立学校施設使用料条例

昭和30年3月5日 条例第38号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第10類 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和30年3月5日 条例第38号
昭和40年6月30日 条例第18号
昭和49年3月22日 条例第13号
昭和51年12月22日 条例第25号
平成19年3月28日 条例第1号