1. トップページ
  2. >
  3. 市長の部屋

市長の部屋

ごあいさつ

 東日本大震災から6年目を迎えました。震災によって尊い命を亡くされた方、ご遺族の皆様に心からお悔やみを申し上げますとともに、被災された方々にお見舞い申し上げます。
 
 また、震災以来、日本全国はもとより、世界各国の皆様から温かい励ましやご支援を継続して賜っておりますことに心より感謝申し上げます。
 
 これまで被災された方々への恒久的な住まいの確保を最優先課題に掲げて復興事業に取り組み、高台移転においては市街地を除く全28団地が完成し、住宅再建が順次進んでおります。また、災害公営住宅については、平成28年度末までに11か所すべてが完成する予定です。

 震災から5年が経過し、本年は(仮称)総合交流センターをはじめとする公共施設の建設や嵩上げされる市街地の中でも、まちづくりの拠点となるエリアに市立図書館を併設する大型商業施設の建設に着手する予定であり、今後も震災復興計画に基づく復興事業を着実に推し進め、ふるさと陸前高田の再生と更なる発展を目指してまいります。

 この5年間の「ご縁」を大切にしながら、今後も市民一人ひとりが将来への希望を持ち、夢を語り、そして高齢者、障がいのある方、妊産婦、外国人や子どもたちなど、すべての人が差別されることがなく、笑顔があふれる「ノーマライゼーション」という言葉のいらない新しい陸前高田市の実現に向けて邁進してまいりますので末永い応援を賜りますようお願い申し上げます。
  
    
 ページトップへ