震災後のあゆみ

陸前高田市立図書館、震災後の歩み

平成23年3月11日 東日本大震災により壊滅。職員7名犠牲。蔵書8万冊流出。
4月 図書館の貴重本庫より県指定文化財吉田家文書、郷土資料の救出。県立博物館へ搬送。
  滋賀県東近江市より移動図書館車「やまびこ号」と図書5000冊が寄贈される。
7月 移動図書館車運行開始(やまびこ号)市内21か所
平成24年3月 プレハブ2階建て(68㎡)仮設図書館が図書館振興財団からの支援で建設される。
  仮設図書館で登録業務開始(正職員1名、嘱託職員3名、臨時職員3名。6月から3名増員)
6月 バリューブックスと提携して「ゆめプロジェクト」開始
  移動図書館車「はまゆり号」がイタリアのダミコ社からの支援で寄贈される
(世話人 イタリアンズ・フォー・東北)
7月 移動図書館車運行開始 市内33か所(その後39か所に増加)
9月 北海道ブックシェアリングよりログハウスを寄贈される。
12月 仮設図書館一般閲覧室開館

これまでの主な支援(平成25年3月現在)

  • 滋賀県東近江市より移動図書館車寄贈
  • イタリアのダミコ社より移動図書館車寄贈
  • 岩手県立博物館で被災郷土資料の修復作業
  • 岩手県立図書館より仮設図書館に向けての指導助言
  • 図書館振興財団より仮設図書館建設支援(プレハブ2階建て 68㎡)
  • NPO法人うれし野こども図書室分館「ちいさいおうち」開館
  • バリューブックス ゆめプロジェクトによる支援(10,016,459円 平成25年1月末現在)
  • 北海道ブックシェアリングより仮設図書館寄贈(ログハウス1階建て 50㎡)
  • 社会教育施設整備資金寄付金(図書館再建費用) 53件 19,802,901円
  • 図書購入寄付金 40件 12,946,391円

写真で見る震災後の歩み

2011.3.11

被災した市立図書館

被災した移動図書館車

移動図書館車寄贈式

やまびこ号とはまゆり号


移動図書館利用のようす

移動図書館利用のようす

仮設図書館建設

北海道ブックシェアリングの取り組み

仮設図書館建設中のようす

仮設図書館贈呈式

ログハウス外観

仮設図書館開館式

ブックスタートのようす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップに戻る