1. トップページ
  2. >
  3. 出産・育児
  4. >
  5. 認定こども園・保育所(園)

認定こども園・保育所(園)

令和2年度保育所(園)・認定こども園入所申込みについて

 令和2年度の途中に入所(園)を希望する場合や、現在入所(園)していて継続希望の方、転園を希望する方も、申込み手続きが必要です。

認定区分について

 児童の認定区分に当てはまる施設に申込みを行ってください。
認定区分 対象年齢 認定の条件 利用施設
1号認定
(教育標準時間認定)
満3歳以上 なし 幼稚園・認定こども園
市内は高田保育所のみ)
2号認定
(保育認定)
満3歳以上 「保育を必要とする事由」に該当し、保育所等での保育を希望される場合 保育所・認定こども園
市内保育所・園)
3号認定
(保育認定)
満3歳未満

募集施設

保育所(公立)名 所在地 保育園(法人)名 所在地
小友保育所 小友町字柳沢前114 広田保育園 広田町字大久保25
高田保育所 高田町字中和野36-2 米崎保育園 米崎町字川内140-1
気仙保育所 気仙町字三本松41番地19 横田保育園 横田町字黄金山44
下矢作保育園 矢作町字諏訪44
竹駒保育園 竹駒町字館13-1

利用施設について

1.認定こども園幼稚園部門
 3歳以上の児童を昼過ぎごろまで保育する施設です。保護者の就労などの理由は必要ありません。
2.保育所(園)
 就労などのため家庭で保育のできない保護者に代わって保育する施設です。保護者が次の「保育を必要とする事由」に該当することが必要です。
 なお、公立保育所は満8か月以上、法人立保育園は満6か月以上の児童について申し込みできます。

保育を必要とする事由

1. 就労(フルタイム、パート、夜間や居宅内の労働など、すべての就労)
2. 妊娠、出産(産前6週間、産後8週間、※多胎妊娠の場合産前14週間)
3. 保護者の疾病、障害
4. 同居又は長期入院等している親族の介護・看護
5. 災害復旧
6. 求職活動(起業準備を含む。原則3か月間の期限付き入所)
7. 就学(職業訓練校における職業訓練を含む)
8. 虐待やDVのおそれがあること
9. 育児休業取得時に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること
10. その他、上記に類する状態として市町村が認める場合

入所調整について

 施設の受入能力(保育室の広さ、現在配置されている保育士数)対して、入所・園申込者が多い場合は入所調整を行います。入所調整は申込み順、年齢、住所ではなく、世帯の状態・就労状況などを総合的に勘案して保育を実施する必要性の高い児童を優先して入所承諾するものです。そのため、第2希望以降の施設に入所をお願いすることがあります。
 なお、ひとり親家庭、生活保護世帯、生計中心者の失業、お子さんの障がいがある等の理由により、保育の優先的な利用が必要と判断される場合があります。

申込方法

 必要書類を保育所(園)、子育て支援センター、子ども未来課から入手し、保育所(園)、子ども未来課へ提出し、お申込み下さい。

申込みに必要な書類

1.教育・保育給付認定(施設等利用給付認定)申請書
 (新規に入所を希望する場合、児童1人につき1枚)
2.現況届
 (現在入所中であり継続して入所を希望する場合、児童1人につき1枚)
3.家庭で保育できないことを証明する書類等(保護者1人に対し該当する書類1枚)
 ・就労(予定)証明書
 ・就労状況申告書(自営・農漁業用)
 ・診断書
 ・介護状況申告書(症状申告書)
4.その他必要となる書類
 ・個人情報の取扱いに関する同意書
 ・児童健康状況票(A4 2ページ)
 ・市区町村民税課税証明書
 (平成31年1月1日に陸前高田市に住民票のなかった保護者1人につき1枚)
 ・個人番号(マイナンバー)申告書
 ・その他(アレルギーに係る書類等)

他の市町村の施設へ入所(広域入所)について

 市外の施設への入所申込みも可能です。直接子ども未来課へ申込みください。ただし、入所希望施設を管轄する市区町村と協議を行うため時間を要しますので、早めのお申込みをお願いします。
 なお、入所においてその施設のある市区町村の住民が優先される場合があります。また、広域入所を実施していない市町村もあります。

申込みの変更について

 申請内容に変更等が生じた場合は、教育・保育給付(変更)認定(施設等利用給付(変更)認定)変更申請書兼変更届(以下「変更申請書兼変更届」)を提出してください。

保育時間

 保育時間は、原則午前8時30分から午後4時30分までです。
 保護者の勤務時間に応じて、早朝・夕方保育を実施していますのでご相談ください。

<1日の保育の流れ (時間は目安です)>
認定こども園
幼稚園部門の1日
8:30 登所
9:00 主活動
11:00 給食
12:00 自由遊び、片付け、歯磨き
12:30 降所準備、順次降所
  保育所(園)
保育所(園)の1日(施設により異なります。)
8:30 登所(登園)・自由遊び
9:00 集まり・出欠確認・体操
9:30 主活動(3歳未満児はおやつ)
11:00 給食
13:00 お昼寝
15:00 おやつ
15:30 遊び(おかえり準備)
16:30~ 降所(降園)、夕方保育

給食

 給食は、3歳未満児は“完全給食”(主食とおかず)、3歳以上児は“副食給食”(おかずのみ)となります。
 食物アレルギーを有する子どもには、集団給食の範囲内で、主治医の指示のもと、保護者と連携を取りながら、「アレルギー対応食」を提供します。この場合、主治医による「アレルギー疾患生活管理指導表」が必要となります。また、症状により、“おやつ”、“おかず”などを保護者に用意していただく場合もありますので、市立施設については子ども未来課、私立施設については各保育園までご相談ください。
保育施設の給食等放射性物質測定結果

利用者負担額・保育料

1.利用者負担額・保育料は、毎月末日までに納入してください。利用者負担額・保育料は下記の金融機関において窓口納付、または口座振替できます。
 なお、口座振替を希望される方は金融機関にて申込みをお願いします。
岩手銀行、東北銀行、北日本銀行、気仙沼信用金庫、東北労働金庫、大船渡市農業協同組合、岩手県信用漁業協同組合連合会広田湾支店、ゆうちょ銀行(口座振替のみ)

2.利用者負担額・保育料は市民税額をもとに毎年決定され、切り替え時期は毎年9月となります。(8月以前は前年度分、9月以降は当年度分の市民税額により決定 されます。)

3.他市町村から陸前高田市に転入してきた場合は、「市区町村民税課税証明書」が父母とも必要となりますので、事前にご準備ください。

4.同一世帯の複数の子どもが保育所(園)等を利用する場合、利用者負担額・保育料の軽減措置がありますので、詳しくは子ども未来課までお問い合わせください。

5.納期限までに利用者負担額・保育料が納付されなかった場合、翌月20日前後に督促状を送付します。3ヶ月以上利用者負担額・保育料を納入していない人は、「納付誓約書」または「給与等差押同意書」を提出していただきます。

感染症になったとき

 入所児童、保護者またはその同居人が感染症になった場合は、「変更申請書兼変更届」の提出が必要となります。また、ほかの入所児童への影響を考慮し、保育の実施を解除または保育の停止を行う場合があります。
 入所児童が感染症になった場合は、医師と登所(登園)が可能かどうかご相談のうえ、医師の指示に従ってください。
 なお、入所児童の健康維持のため上記措置をとらず、保護者の協力を得ながら、自主的に数日間休んでいただく場合もありますので、趣旨をご理解のうえ、ご協力をお願いいたします。
代表的な
感染症
インフルエンザ、百日咳、麻疹(はしか)、流行性耳下腺炎(おたふく風邪)、風疹(三日はしか)、水痘(水ぼうそう)、リンゴ病(伝染性紅斑)、手足口病、流行性角膜炎(はやり目)、溶連菌感染症、胃腸炎など

障がい児保育

 障がいを持つ児童であって集団保育が可能な児童を対象に障がい児保育を実施しています。ただし、保育所は「療育の場所」ではないため、障がいに対する専門的な訓練や治療は行うことはできません。
 なお、入所を希望する場合、主治医等(小児科医、理学療法士、児童相談員など)から「保育所入所にあたっての指示書または同意書」を提出していただきます。詳しくは申し込みの際に子ども未来課にお問い合わせください。

一時預かり事業

①幼稚園型
 幼稚園部門入所児童の緊急時の保育に対応する事業です。
 ○対象児童
  高田保育所幼稚園部門在籍児童で家庭において一時的に保育を受けることが困難になった児童
 ○利用可能時間
  12:30~16:30
 ○利用料金
  2時間までの延長利用…1時間あたり200円
  2時間~4時間の延長利用…1日あたり860円
 ○実施施設
  高田保育所

②一般型
 パートタイム就労など、就労形態の多様化や保護者の疾病などの緊急時の保育に対応する事業です。
 ○対象児童
  家庭において一時的に保育を受けることが困難になった児童
 ○利用料金
  ① 住民税非課税世帯・生活保護世帯 0円
  ② 3歳の誕生日を迎えて最初の4月1日を経過した児童 1,600円
  ③ ①、②を除く児童 1,800円
 ○実施施設
  市内全保育施設
 幼児教育・保育の無償化の開始に伴い、施設等利用給付認定を取得した児童は一時預かりの利用料が無償となります。
   詳しくは「幼児教育・保育の無償化について」をご参照ください。

病後児保育

 病後児保育は、保護者の子育てと就労の両立を支援するため、病気やケガの回復期にある集団保育等が困難なお子さんを一時的にお預かりします。
 専用の保育室で、看護師と保育士がお子さんの体調に合わせた保育を行います。

開所日時 月曜日~金曜日(祝日、年末年始を除く) 8:00~17:00
定員 3名
利用料 小学校就学前児童 1,000円  小学生 2,000円
場所 気仙保育所 病後児保育室
気仙町字三本松41番地19 TEL:0192-55-2137

利用対象児童
  生後6か月から小学校の第3学年までの、次の各号のいずれにも要件を満たすお子様です。
 1 市内に在住している児童、もしくは市外に在住し、市内の保育所、保育園に在籍している児童
 2 病気の回復期にあり、医師の診断により病後児保育の利用が可能であると認められた児童
 3 保護者が次のいずれかの理由により家庭で育児を行うことが困難で、かつ他に育児を行う者がいないこと。
  (1)勤務の都合により出勤せざるを得ない場合
  (2)疾病又は出産により通院又は入院をする場合
  (3)家族の疾病等によりその介護又は看護に従事する場合
  (4)事故または災害にあった場合
  (5)その他やむを得ない事由により家庭での育児が困難な場合

ご利用の流れ
 1 利用者事前登録
  ご利用にあたって、気仙保育所病後児保育室に①②を提出します。
  ①利用登録申請書(様式第1号)
  ②同意書(様式第2号)

 2 利用予約

   原則、利用の前日までに、気仙保育所病後児保育室に電話で空き状況を確認し、仮予約を行います。キャンセルされる場合には、お早めにご連絡ください。

   当日のキャンセルは8:30までにお願いします。

 3 医師の診察

   医療機関を受診し、④「診療情報提供書」(様式第4号)を持参の上、医師に記載してもらいます。 医療機関によっては、「診療情報提供書」(様式第4号)の記載について、時間がかかる場合もあることから、医療機関に事前にお問い合わせください。


 4 本申請
  気仙保育所病後児保育室に、③④⑤を提出します。
  ③利用申請書(様式第3号)
  ④診療情報提供書(様式第4号)
  ⑤その他必要な書類

申請書等のダウンロード
 ご利用のご案内(リーフレット)
 ①利用登録申請書(様式第1号)
 ②同意書(様式第2号)
 ③利用申請書(様式第3号)
 ④診療情報提供書(様式第4号)

注意事項

・利用希望の場合は希望施設に直接申し込んでください。
・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)は利用できません。
・定員や行事の関係により、ご希望に添えない場合がありますので、必ず事前に施設へお問い合わせください。

問い合わせ先

陸前高田市福祉部子ども未来課子育て支援係
TEL:0192-54-2111(内線205)
FAX:0192-55-6118
 ページトップへ