1. トップページ
  2. >
  3. 届け出・証明発行・各種申請
  4. >
  5. 住所の異動

住所の異動

転入届

 他市町村から陸前高田市にお引越しされる場合のお届けです。
 同世帯以外の方が届出する場合は、委任状が必要となります。

持参するもの

・前住所地からの転出証明書(マイナンバーカード等を利用した特例転出届をしている場合はマイナンバーカード等)
マイナンバーカードの継続利用を希望する場合は、転入届の届出日から90日以内に手続きを行わないとカードが失効となります。
・本人の確認ができるもの(運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)
・印鑑

転入届の期間

お引越しされた日から14日以内に届け出てください。
転入届出用紙はこちらです。(市民課窓口にも備え付けてあります)
 ページトップへ 

転出届

 陸前高田市から他市町村へお引越しされる場合のお届けです。
 同世帯以外の方が届出する場合は、委任状が必要となります。

窓口での受付

窓口で手続きをする場合には以下のものをお持ちください。
・本人の確認ができるもの(運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)
・印鑑
・国民健康保険証
・印鑑登録証
窓口申請用の転出届出用紙はこちらです。(市民課窓口にも備え付けてあります)

郵送での受付

直接窓口にお越しいただけない方は郵送で手続きすることができます。
郵送による転出届
 ページトップへ 

転居届

 陸前高田市内でお引越しされる場合のお届けです。お引越しされた日から14日以内に届け出をしてください。
 同世帯以外の方が届出する場合は、委任状が必要となります。

持参するもの

・本人の確認ができるもの(運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)
・印鑑
転居届出用紙はこちらです。(市民課窓口にも備え付けてあります)
 ページトップへ 

住民基本台帳法の一部改正について

平成24年度から住民基本台帳法の一部が改正されました

 平成21年度に「住民基本台帳法」の一部が改正され、その改正法が平成24年7月9日から施行されました。主な改正内容は以下のとおりです。
 外国人住民の方にも住民票が作成されました
 これまでは日本国内に在住する外国人の方については「外国人登録法」によって外国人登録原票が作成され、各市町村はこの原票によって在住する外国人の方の情報を把握していましたが、7月9日からは外国人の方についても「住民基本台帳法」が適用されるため、日本人と同じく住民票の交付を受けることができるようになりました。
 なお、外国人の方についても住所の異動の際には窓口で届出が必要となりますのでご留意願います。
 ページトップへ