要谷の板碑群(ようがいのいたびぐん)

更新日:2021年04月01日

宮城県気仙町の要谷館跡内に安置されている3基の板碑に木漏れ日が射している写真

指定種別

市指定

種別

有形文化財(歴史資料)

指定年月日

平成28年4月1日

所在地

気仙町字要谷

寸法

阿閦如来種子板碑 (写真左)

  • 地上高65センチメートル
  • 幅26.5センチメートル
  • 厚8センチメートル

阿弥陀如来種子板碑 (写真中央)

  • 地上高87センチメートル
  • 幅29センチメートル
  • 厚9センチメートル

大日如来種子板碑 (写真右)

  • 地上高72センチメートル
  • 幅21センチメートル
  • 厚12.5センチメートル

概要

 板碑とは、中世を中心に盛んに造立され、仏をあらわす種子(梵字)、造立の年号や趣旨を刻出した石製供養塔の一種です。
 当板碑群は中世城館である「要谷館跡」の比定地内に安置されており、要谷館跡の南の土地に埋もれていたものを現在地に移設したものです。
 それぞれ「阿閦如来」「阿弥陀如来」「大日如来」を示す種子(梵字)のみが薬研彫りという手法で刻まれていますが、その他の造立の年号や趣旨についての刻みはありません。
 1箇所に3基建立された板碑としては市城内での類例はなく、また要谷館主と関係する可能性がある資料として、当市の中世を紐解く重要な資料です。

気仙町にある要谷館跡に建つ石の上側に梵字一文字が彫られ左側に傾いている阿閦如来種子板碑の写真
気仙町にある要谷館跡に建つ石の先端が尖った梵字一文字が彫られその下に縄が巻かれ左側に傾いている阿弥陀如来種子板碑の写真
気仙町にある要谷館跡に建つ石の真ん中に梵字一文字が彫られやや左側に傾いている大日如来種子板碑の写真

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 管理課 文化財係
電話:0192-54-2111
ファックス:0192-54-3888
郵便番号:029-2292
岩手県陸前高田市高田町字下和野100番地

メールフォームによるお問い合わせ