鶴樹神社の海嘯溺死霊供養塔(つるきじんじゃのかいしょうできしれいくようとう)

更新日:2021年04月01日

陸前高田市広田町の鶴樹神社内に建立されている海嘯溺死霊供養塔と彫られた先端が尖った石塔の写真

指定種別

市指定

種別

有形文化財(歴史資料)

指定年月日

平成28年4月1日

所在地

広田町字根岬(鶴樹神社)

寸法

  • 地上高129センチメートル
  • 幅52センチメートル
  • 厚36センチメートル

概要

 明治29年6月15日に発生した明治三陸地震津波の供養塔として、明治30年に建立されたものです。
 石碑の材料としては花崗岩使用しており、正面に「海嘯溺死霊供養塔」と草書体で刻まれ、右側面には「明治三十年二月彼岸日建之」と発起者名が刻まれています。正面に刻まれた文字は朱で彩色されていましたが、現在はかなり薄くなっています。また発起者名も長年の風雨により薄くなってきています。
 石碑は現在も広田町根岬の鶴樹神社境内に安置されており、明治三陸地震津波の記憶を未来につたえる遺産として貴重な資料です。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 管理課 文化財係
電話:0192-54-2111
ファックス:0192-54-3888
郵便番号:029-2292
岩手県陸前高田市高田町字下和野100番地

メールフォームによるお問い合わせ