奇跡の一本松保存募金について

更新日:2022年06月23日

青空を背景に悠然と聳え立つ一本松の写真に「奇跡の一本松保存募金」のメッセージ

「奇跡の一本松保存募金」とは

 東日本大震災の大津波に耐えた高田松原の「奇跡の一本松」は、震災直後から復興のシンボルとして、市民のみならず、全世界の人々から親しまれてきました。しかしこの一本松は、大地震による地盤沈下で海水がしみ込み塩分過多の状態となり、徐々に衰弱が進んで枯死にいたってしまいました。
 そこで、今後も復興の象徴として後世に受け継ぐために、一本松に人工的な処理を加え、モニュメントとして保存することとしました。整備にあたっては多額の資金を要するため、奇跡の一本松の保存および周辺の環境整備に充てることを目的に、「奇跡の一本松保存募金」として全世界へご協力をお願いしました。
 平成24年7月より開始し、国内はもとより世界中からご協力をいただきました結果、平成25年7月1日時点で目標額の1億5千万円に到達しました。また、この募金をもとに行った一本松の保存事業も平成25年6月に完了し、平成25年7月3日に完成記念式典を行いました。

 募金額が目標額に到達し、保存事業が完了したことから、平成26年3月31日をもって一般の方々への呼びかけを終了させていただきました。

 なお、奇跡の一本松関連商品の売上の一部や、チャリティー、イベントなどによる企業や団体等からの募金については、引き続き受付しております。募金を希望されます場合は、事前に建設部都市計画課までご連絡ください。

募金額及び件数(平成24年7月4日から令和4年3月31日まで)

募金の詳細
募金額 183,438,896円
件数 4,005件
  • (注意)募金は全額「奇跡の一本松保存基金」に繰り入れます。
  • (注意)募金箱に直接いただいた件数は含まれません。

支出額

平成24年度
科目 金額 内容
旅費 163,515円 進捗確認調査、文化庁協議等
需用費 200,503円 PR用ポスター、誘導用看板等作成
役務費 196,764円 放射能測定手数料、誘導警備手数料等
委託料 59,990,000円 奇跡の一本松保存事業委託料(前払金、株式会社乃村工藝社)
委託料 228,165円

PR用ポスター制作委託料

合計 60,778,947円  
平成25年度
科目 金額 内容
委託料 90,002,500円 奇跡の一本松保存事業委託料(精算払、株式会社乃村工藝社)
委託料 8,925,000円 奇跡の一本松(根部分)保存業務委託料(株式会社乃村工藝社)
合計 98,927,500円  
平成26年度~令和3年度
年度 役務費 委託料 工事費 合計 内容

H26

  495,072円   495,072円 保守点検業務
H27   1,716,120円   1,716,120円 保守点検及び補修業務
H28 46,611円 3,456,000円 1,138,320円 4,640,931円 損害保険料、保守点検及び補修業務、修繕工事
H29 46,611円 2,840,400円   2,887,011円 損害保険料、保守点検及び補修業務
H30 46,611円 3,246,458円   3,293,069円 損害保険料、保守点検及び補修業務、暴風対策業務
R1 46,611円 2,572,128円   2,618,739円 損害保険料、保守点検及び補修業務
R2 46,611円     46,611円 損害保険料
R3       0円 ※管理は東北国営公園事務所が実施

 

奇跡の一本松保存基金の残高(令和4年3月31日時点)

7,746,992円

この記事に関するお問い合わせ先

建設部 都市計画課 計画係
電話:0192-54-2111
ファックス:0192-54-3888
郵便番号:029-2292
岩手県陸前高田市高田町字下和野100番地

メールフォームによるお問い合わせ